朝ごはん

朝食を取らない子供が減少に転じ、歯止めがかかっている
とのことですが、20代、30代では増えているそうです。

夜更かしをすると睡眠時間が減ります。
でも朝が来たら起きなきゃいけない。
ベッドから出ても睡眠時間が足りていないと、
しばらく脳も体も目覚めません。

胃も腸も食べ物を受け入れる体制が整っていないため、
食欲がわかず、朝食抜きということになります。
逆に、食べることで、目覚めさせるということもできるでしょうが、
ちょっと強引です。

「朝ごはんを食べたくなる」ということが大切なのであって、
食べたくもないのに、無理やりに食物を胃袋に押し込めれば
それで良いということではありません。
食べたくないときは、あまり体調が良くないはず。
仕事の能率も上がらないでしょう。
食べ物が口内で咀嚼され、胃で消化、腸で吸収され、
血糖値が上がります。

その過程で満腹中枢が刺激され、お腹いっぱい、ごちそう様でした
ということになるのですが、このときにお腹だけでなく、
こころが満たされます。
もし、こころが満たされなかったらどうなるか?

その分を一度に解消しようとします。
ゆったりと満足のいく昼食が取れれば、ある程度は補うことができますが、
短い昼休み、なかなか難しいのが現実でしょう。
よって、個人差はありますが、朝ごはんを食べない人は
夕飯を食べ過ぎになる傾向があります。

夕食を食べ過ぎると、寝ている間も消化器官が休めません。
また、夕食の時間が遅いと寝るのも遅くなり、睡眠時間が足りなくなって
朝起きるのがつらくなる、朝食抜き、という悪循環に陥ります。

朝食を取らないことが健康の秘訣という人がいます。
こういう人は、体内のセンサーが敏感で、体から発せられる声に耳を
傾けることができ、それはそれでバランスの取れた生活が送れているんだ
と思います。

自然に朝食が取れるようにするためには、どうすれば良いか?
秋の夜長に考え過ぎてまた夜更かし、
なんてことにならないようにしたいものです。

画像


朝から元気一杯、食欲もわき、おいしく朝食をとれるのが一番ですが、
あまり食べたくないときは、とりあえず、フルーツ一切れ、ジュース一杯など、
無理せず食べられるものでエネルギーを補給しましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック