不眠の悩み

12歳以上の3万人を対象にした調査で、
日本人の5人に1人が「不眠」に悩んでいるそうです。

体の機能を修復するために欠かせない成長ホルモンは
すい眠中、とくに午前0~3時に多く分泌されます。

時間だけを確保すれば良い、
夜中起きていても、昼に眠ればそれで良い、
ということではないわけです。

心身の疲労を回復し、免疫力を高め、
成長をもたらし、老化を防止してくれる

「眠り」はとっても、とっても大切です。

「それはその通り、眠ればいいのはわかっている。
わかっているけど、眠れないのがツライのさ」。

「眠れない」ということが主症状の場合もあれば、
他に何か症状があって、不眠がずい伴症状としてある場合がありますが、
主症状と合わせて「不眠」があった場合、
この不眠の改善なしに主症状だけが良くなっていくということは、
なかなか難しいです。

「眠れないことだけが悩み。
それ以外は元気いっぱい、幸せいっぱい」
なんてことはあまりないみたいです。

睡眠や不眠に関しての本を読むと、
「眠れないことを気にしないようにしましょう」
とあります。
だいたい、どの本にもそう書いてあります。
うちのHPにも書いてあります。
これだけ書いてあると、頭では理解できますし、
実際そうだと思います。

「それはその通り、気にしないのがいいのはわかっている。
わかっているけど、気にしてしまうのがツライのさ」。


健康・快適に生活するための手段として睡眠は存在する、
という考え方もありますが、

一度でいいから、グーッスリと死ぬほど眠りたい
という睡眠そのものに対する欲求もあります。


不眠に陥ってしまう理由は、
もちろん個人的なことではいろいろあるでしょうが、

忙しさのため帰宅時間が遅くなり、
睡眠時間が確保できないといった理由以外にも、
便利な24時間営業のコンビニやファミレス、
ついつい夜更しして続けてしまう、インターネットや携帯電話の普及など、
日本全体が夜型生活化しているということも背景にありそうです。

そうすると、不眠は「現代病」に間違いなく、
「国民病」といっても言い過ぎではありません。

現代にこの日本という国の国民として生きている以上、
それなりの意識や心がけがないと、
いつの間にか不眠になってしまうのも、今や特別なことではないのかも。

鍼灸で不眠に取り組んでみてはいかがでしょう。

中国ドラマもほどほどにして、早く寝ようっと。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック