かぐ

超音波でアロマミストが出る
アロマディフューザーなるものを買いました。

お香を使っていたんですけど、
このアロマディフューザーがほしくて。

無印良品の数ある品物の中で
一番の売れ行きだそうです。

近くのお店では一つ前のタイプしかおいてなくて、
どうせなら最新式のがほしい、
と町田店に行ったら、ちゃんとありました。

タイマーの時間が長いのと、
灯りが二段階で点くのが旧式と新式の違い。

いい匂いを「かぐ」のはいいですね。
何かをしながらかげるのがいい。
「みる」や「いう」や「きく」ほど主役になれないところもいい。

いう、みる、きく、は気合を入れて、ってこともありますが、
「かぐ」にはあんまりない。
「におい当てコンテスト」のときぐらいじゃないか。
みざる、いわざる、きかざる、はいるけど
「かがざる」はいない。
鼻をつまんださるが、いたら
それはそれで面白いですけどね。

左甚五郎はなんで「かがざる」を作らなかったのか?

これは上田説ですけど、
「かぐ」に関しては過ぎることの害があまりないから
なんじゃないか、と。

仏教ではお香を焚くのはお清めのためだそうです。
これからも、いい匂いをかぎたい。





にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック