認知症のツボ

超高齢化社会の日本。
これから益々増えるであろうことが
予測されるのが認知症です。

他の疾患同様に、治療も予防も双方共に大事ですが、
予防したいと願う気持ちは
多くに人に共通していることだと思います。

認知症予防ための方法として、
手を使う、足を使う、ストレスを溜めないなど
のことが言われます。

踵の中央にある失眠というツボは、
失った眠りを取り戻すという意味で、
不眠症に用いられますが、
実は、軽度のものであれば
認知症予防・改善の効果が報告されています。

足を使わなくなって、歩かなくなって、脳が衰える。
つまり足や足の裏から伝わる脳への刺激が
認知症を防ぐ大きな役割を果たしているのではないか、
だから失眠への刺激によって認知症が予防・改善できる
のではないかと考えられているんですね。
不眠症も足を使わない運動不足の人に多い
ということで共通しています。

失眠へのアプローチはお灸で行いますが、
このとき、熱いと感じる必要があって、
気持ち良い程度の温熱灸では効果は望めません。
また、失眠に一人でお灸をするのは難しい。

歩け歩け、ですね。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック