下地の厚さ

日馬冨士、強いですね。
体中にみなぎる気力が、
テレビの画面から伝わってきます。

来場所の横綱昇進は確実。
朝青龍、白鵬、日馬冨士と
これでモンゴル人の横綱が続けて3人。
相撲に関していえば、間違いなくモンゴル人は強いですね。

明らかに体の大きいハワイの力士が強い
というのならわかりますが、
見た目の変わらない、日本人と同じ先祖を持つ
モンゴル人力士がなんでこんなに強いんでしょう?

高見山や、小錦や、曙や、武蔵丸の強さと違って、
いかにも運動神経がいい。
相撲は体重だけで取るものではないよ、
と口で言うことはなくても、
無言のメッセージが取り口から伝わってきます。
例えて言うなら、田舎の子供と都会の子供、
そんな印象を受けます。

稽古量が人一倍多いということはあるのかもしれませんが、
それ以上に幼いころに培ったものが
とても大きいんではないかという気がします。
下地の厚さが違うとでもいうか。

日本人の横綱はいつ現れるのでしょうか。


スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)
福音館書店
大塚 勇三

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック