体重計2

体重計に乗って、
「重い」もしくは「軽い」だけではあまり意味がありません。

「重い」とはどういうことか、
増えるとはどういうことか、
重すぎると何故よくないのか、

「軽い」とはどういうことか、
減るとはどういうことか、
軽すぎると何故よくないのか、

ということを理解して、
減らしたほうが良いのか、
少し増えたほうが良いのか、
このままが良いのか、
何をしたら良いのか
と、その後に生かすことが肝心。

毎日体重計に乗っていると、
体重計に乗っていないときでも体重を意識するようになります。
これこそが体重計の存在価値といえます。

一日で大きく変動することはありませんが、
それでも体を多く動かした日は、
一日の終わりに体重計に乗るとその目盛りは減っています。
これを続けていると体重計に乗らずとも
今日は「少し減っているだろうな」、
もしくは「ちょっと増えているかも知れない」
という予想が外れることがほとんどなくなります。

世の中に溢れる美味しいものを
楽しく、罪悪感なく食すためにも、
体重計を活用したいですね。





よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック