良きにつけ悪しきにつけ

続けることの効果のほどはとても大きい、
良きにつけ悪しきにつけ。

ワイル博士は言っています。
 
 
 わたしは機会あるごとに、
 睡眠薬を飲まないように患者を説得している。
 睡眠薬を使ってもいいのは、家族の死とか時差などで
 どうしても眠りが妨げられた場合の短期使用だけである。
 2~3晩以上つづけて用いてはならない。
 
 不眠を訴えてくる患者は非常に多い。
 たいがいはこころの緊張が原因である。
 動揺するこころがやすらかな眠りにつくときの邪魔をして、
 すぐ目を覚ましてしまい、寝たりた思いが味わえないのだ。

 不眠を訴える人に、医師はさまざまな薬の処方箋を書く。
 それらもすべてアルコールと似たりよったりの抑制的な薬剤であり、
 すべてに依存性があり、毎日飲めば危険なものばかりである。

続けることの効果のほどはとても大きい、
良きにつけ悪しきにつけ。





良かったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック