運動するということは

骨盤ってのは多かれ少なかれ歪んでいるものです。
凄く歪んでいる人が凄く痛いか、
歪みの少ない人は痛みも少ないか、
といえば、そうではないことがデータ上わかっています。

「でも、骨盤の歪みを治す体操をやったら
痛みが取れたけど」という人がいます。

運動というものは、
痛みの感じ方を正常なところに戻してくれます。
ちょっと難しい言い方をするなら、
「閾値を上げてくれる」。
閾値はハードル。
低いハードルは簡単に飛び越えられられてしまいます。
ストレスによって閾値は下がります。

痛みとは、体に及んでいる危険を知らせてくれるものですから、
高過ぎてはいけません。
かといって、低過ぎれば感じなくてもいいような刺激を
痛みとして受け取ってしまいます。

骨盤の歪みが正されようが正されまいが、
「運動する」ということがポイント。
結果的に歪みが取れる人もいれば取れない人もいます。

では、歪みが取れなかった人は、
痛みも取れないかといえばそんなことはありません。

自分に合った運動であれば、
それは骨盤体操であっても何であってもOKです。






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック