湿布

運動器疾患などの腫れを伴うような急性の痛みのとき
湿布が有効です。
湿布は拡張した血管を収縮させてくれますから、
そんなときは有難いものです。

ですから血管を広げて
血流を良くしなければならないようなとき、
つまり慢性痛だったり、冷えからくる痛みの場合は
湿布は有効どころか害になります。
一時いいような気がしても長い目でみたとき、
マイナスの面が大きい。

湿布以外にもいろいろと方法はあります。
そのときどき、その状況に合った方法を用いなければならず、
湿布を貼っておけば何でもOKというわけでありません。

湿布は「塗布消炎鎮痛剤」です。
「炎を消す」ものを長期に渡って使用していると
体は冷え、自然治癒力は低下してしまいます。
湿布はあくまで急場を凌ぐためのものです。




よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック