後処理の後処理

筋肉が動くということはとても有難いことで、
止まっている状態から、歩くなり、走るなりの動作は
各筋肉が可動することで行われます。
筋肉が動かなければ歩くことも走ることできません。

しかし、歩いたり走ったりしたときに、
ただ立っているときの数倍の重さが、
足首やら、膝やら、腰やら、諸々のところに掛かるわけで、
歩行時、走行時に掛かる負担を
受けることのできる筋力がないと、
歩いたのはいいものの、
走ったのはいいけれど、となります。
つまりは筋肉痛が起きたりします。

運動量を減らすなり、うまくケアするなりのことで、
順応することができますが、
それらが負担を超えるとオーバーワークとなり、
長期に渡れば障害につながることもあります。

動けることは大事、しかしそれと同じかそれ以上に
受け止められるということが大事です。

動くのも筋肉の働き、
動いたときの後処理も、これまた筋肉の働きです。

動きたくなければ動かない、
といった選択肢もあるのですが、
動きたがっている、働きたがっているのが筋肉というもの。
ストレッチなどで後処理の後処理をしてあげたいですね。
鍼灸やマッサージもいいですよ。





よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック