ジャストフィット

日本のメーカーのシューズは、
やはり日本人の足に合うことが多いらしい。

幅が広いとか狭いとか、甲が高いとか広いとか。
それだけではなくて、例えば
日本人は内反捻挫を起こすことが多く、
それに比べて、西洋人は外反が多い。
そのようなことも考慮されて一足のシューズが作られています。

実際に測ったら、決して幅広でも甲高でもないのに、
履いたときに違和感を感じるのは形状が合っていなから、
ということも少なくないそうです。

サイズも、形状も、デザインも、できれば値段も、
すべてに満足したいところではありますが、
ごく一部ののトップ選手を除いて、
ふつうある程度の妥協は必要です。

道具は大切です。
それが一つあるだけでモチベーションが上がったりします。
金ピカのダンベルがあったっていいし、
チェックのサンドバックがあったっていい、
許されるのであれば、花柄のまわしだって悪くないかも。

でも、優先順位というものがあって、
シューズのそれはおのずと決まってくると思います。
ジャストフィットの一品と出会えればうれしい限りですね。





よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック