新薬、新治療

新薬が発売されます。
その新薬の治癒率は、それまでのものより高い、
といった話があります。
「新しいこの薬は、自分に合っている」と思う人が多い
ということですね。「やっと出会えた」と。

しかし、時が経ち、新薬が新薬でなくなると、
治癒率はなぜか旧薬と同じになり、
それ以上でもそれ以下でもなくなります。
「あれ?前はもっと効いていたのに」と。

※それ以降も、その効果が続く場合もまったくないわけではなく、
「本当に」旧薬以上に効く、ということもあります。

たとえ一時でも効く(効いたような気がする)のであれば、
「それでもいい」という人もいるでしょうが、
大きすぎる期待は裏切られるのが常で、
その度ごとに、がっかりすることになってしまいます。

自分に合った薬なり、治療法なりが見つかることは
とてもうれしいことです。

しかしそれと同時に、
その薬なり治療なりの効果を引き出すためには、
それとの「付き合い」方がとても大事です。




よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック