とてもとても大きな音のする場所で眠れるか?

昔と比べて、音の環境も
他のもの同様にとても変化しているのでしょうね。

テレビ、ラジオ、洗濯機、インターホン、工事現場、
マイクを通した人の声、車、サイレン、電車、飛行機、
それ以外にも、そんなに大きな音ではないが
常に耳入ってくるモータ音など。
古代の人からすると、現代はきっととってもうるさい。

厚木飛行場から数駅分とはいえ、
最近はずいぶんと飛行機も飛ばなくなり
一時期よりは大分静かになりました。

そんなに昔のことではありません。
3、4歳くらいの一人の男の子が
上空を爆音を上げて飛ぶ飛行機の下で、
耳を塞ぎ、父親の懐に顔をうずめ
その飛行機が通り過ぎるのを
泣きながら必死に耐えている、
という光景を見たことがあります。

人は環境に慣れます。
この男の子もいづれは慣れるでしょう。
しかし、その慣れが「無理やり適合させる」ようなものだと、
その歪は姿形を変えて別のところに現れる。

とてもとても大きな音のする場所で眠れるか?
といえば、そんな環境にも勝るほどの眠気ならば
寝てしまうかもしれないし、
寝る前に気が狂ってしまうかもしれない。
骨粗しょう症や貧血やいろいろな病気のように
自覚症状がないだけで、
悪魔の手は忍び寄っているということだってある。

慣れるとは、感覚が鈍くなることの裏返しでもあります。
鈍感力は、受け手の場合、いい方向に働けばいいのですが、
攻め手の場合は悪い方向へ行くと、いろいろいな処へ
クツのまま入って行くことにもなってしまいます。
クツは普段はなるべく脱いでいて、履くべきときだけ履きたい。






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック