寒熱

流れが止まると水は淀む、
または淀んでいると流れが悪くなる。
水は流れているのがいい。

水は冷えると凍りになって流れなくなる。
逆に言えば、流れていると氷にくい。
だから、冷えるのはよくない。
冷えたとき、血管が収縮して血圧が上がる。
血管が収縮するといろいろと詰まりやすくなって、
塞栓などが起こる。
脳、心臓、肺などで梗塞が起こる。
冷えはよくない。

流れが滞るの理由は冷えだけではなくて、
熱によっても流れは悪くなる。
熱されることで、水分が少なくなり、
血液ドロドロになる。
これがいわゆる「湿熱」。
湿熱の人は、舌にベットリと苔が生え、
その苔が黄色かったりする。
こんな人は、お酒や甘い物、辛いもの控える必要がある。
また、湿と熱を発散させるために適度な運動もしよう。
冷えも熱も、過ぎるのはよくない。





よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック