考える、動く

改良した方がいいところは少なくない、多い。

盲導犬が刺されて、犬がいじめられて、
猫が虐待を受けて、「器物損壊」という言葉は適さない。
それをおかしいと感じるなら、変えればいい。
問題が生じて、そこで気づく。

どこが悪いのか、何がが間違っているのか。
改善すべきところがわかっていなかったり、
これまではそれで良しだったことが、
時代にそぐわなくなっていくこともあるだろう。

やろうとしてさえいないことがあるし
やろうとしてもできないこともある。

良かれと思って改善したつもりが逆効果だったり、
それ自体は良くても副作用を生んだりもする。

これからもこれまで同様、試行錯誤の連続だ。
思考することを止めてはいけない。
足腰が重くなるほどだと考過ぎだろうが、
フットワークはなるべく軽く、歩きながら考よう。






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック