日の光を浴びながら

カーテンのわずかな隙間から差し込むわずかな光。
そのわずか幅数センチの光の帯に身を寄せるうちの犬。

多少なりの「暖」を求めてではなく、
やはり求めるものは「光」のようです。
ただ暖ければ、というのであればストーブの前に
張り付けばいいですから。
いくら暖かくても、光が無ければ行われない
植物の光合成のように、どんな植物であっても
光差す方向に伸びるように、犬に取っても、
太陽光に代わるものはないみたいです。
それが大事なものであるってことを
本能的に知っているんでしょう。

冬来たリなば春遠からじ、といいますが、
体調に異変が生じるほど冬は結構長い、
もうしばらく続きます。
積極的に日の光を浴びて、春の訪れを待ちましょう。






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック