自分より老けた孫2

高層タワーというのは、
一体何メートルまで造れるんだろう?

東京スカイツリーが634メートル。
きっと造ろうと思えば635メートルも、
636メートルも可能でしょう。
そうやってちょっとづつ伸ばしていけば、
どこままでもいけるんじゃないか?
こんなことを考えた人は過去にいて、
地球と宇宙をつなぐ宇宙エレベーターは、
今から100年以上も前の1895年に
コンスタンチン・ツィオルコフスキーという
ロシアの科学者が提唱しているんだそうです。

100年前なら、テレビもないし、冷蔵庫もない。
あったかも知れないけど、一般の家庭になど普及していない。
この平成の時代にテレビを見たことがないとか、
冷蔵庫がなんだか知らないなんて人はいないだろうけど・・・。

エレベーターの行き先が月。
いづれそんな時代が来るんでしょうか?
自分たちの孫の世代では無理かもしれないけど、
孫の孫の世代では実現しているかも知れない。
本当に人類はどこまで進化するんですかね。






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック