楼膝拗歩3

ステンマルクはウェイトトレーニングをしなかったそうです。

トレーニングとして、スキー以外では綱渡りをよくしていたとのこと。
ウェイトのマイナスの面を考慮してあえてやらなかったのか、
別にその必要性を考感じていなかったからなのかはわかりません。
今ののようなウェイト全盛の時代ではありませんでしたしね。
あまりやったことがない綱渡り。
もちろんバランス能力を高めるのに有効な方法ですが、
普段使わない筋肉、
もしくは普段とは異なった筋肉の使い方を強いられそうです。
ウェイトトレーニングは、
やれば見た目の変化として現れますから、
その人口が多いのはわかります。
一方バランス感覚を高めるトレーニングとなると、
ウェイトトレーニングほどの派手さはないですから、
気合を入れてやることも少ない。
雑誌などで次から次へと紹介される数々のトレーニング法は、
提供する側のためであったりもします。
もちろんそれを行うか否かは個人の自由ですから、
興味をひかれたのであれば、どんどんやればいいですね。

バランス能力を高めるといった一見地味なものでも、
案外やってみるとそれなりに楽しいかもしれません。
最近では、張ったロープの上で技を競い合う
といった競技もあるみたいですし。
バランス能力を高めるために、バランスボールを用いたり、
一輪車などもいいですね。
ただ単に片足で立つだけでもOKです。






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック