仰向けの金魚

自分の場合、寝るときの体勢は仰向けか横向き、
あまりうつ伏せにはなりません。

うちの犬は、わずかな時間仰向けになることはありますが、
それで朝まで寝ることはありません。
横向きか、お腹を下にして丸まって寝ます。
大抵の犬はそうだと思います。

我が家の最後に残った一匹の金魚。
お腹を上にして、つまり人間でいえば仰向けの状態で、
金魚蜂の底の方で、ゆらりゆらり。
「きっと暑さでやらてしまったんだ、もう長くはないな」
と思いましたが、過去にここから蘇生したことがあるんです。
ダメもとで、とエサを少々多目に与えました。
すでに食べる体力もないようです。
が気力だけはいくら残っているみたいで、
なんとか口をパク・・・・、パ・・ック・・・・。
天に召されるのも時間の問題か。
と次の朝、元気に尾ひれを振って泳いでいるではありませんか。
ちょっと目を疑いましたが、夢ではない。

仰向けになっていたのは、
その体勢で寝ていたわけではないでしょうが、
腹が減ってはいたのかもしれません。
血糖値が下がった状態。

これって、別に珍しいことではないんでしょうか。






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック