月見

平安時代、月見は詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む、
といった雅味な催しで庶民とは縁のないものだったそうです。

庶民は、詩も読まず、歌も歌わず、管弦もやらなかった
かもしれませんが、月を見ることはしていたでしょう。
日本の月見の風習は縄文時代には、すでにあったようですが、
それ以前のことはよくわかっていないとのこと。
人間がほとんどサルだったころから月見はあったと思います。

お日様を直視することはできません。
お日様は見るものではなく、お日様の下では働くものです。
月はというと、月は見るもの、愛でるもの。
昔、月明かりを頼りに仕事をすることもあったかもしれませんが、
本来、月の出ている時間帯には体と心は休めるもので、
言い方を換えれば、お月見は陰を養う行事です。
月を見て、陰を養いましょう。

P.S オオカミに変身なんて人もいるかな?





よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック