lan

「手偏に覧(lan)」、
このような字は日本語にはありませんが、
握る、引き寄せる、抱きかかえる、からめ取る、
と言った意味があるそうです。

24式太極拳の第7.8式「らん雀尾」の「lan」ですね。
らん雀尾の名前由来は、
この技を行う際、両手を合わせた形が、
孔雀の尾の形に似ているから、
と一般的には言われます。
太極拳経験者ならおわかりだと思いますが、
らん雀尾は四つの勢(動作)からなっています。
しかし、lanが意味する部分は、
この四つの中にはなく、
左らん雀尾と右らん雀尾のつなぎの部分にあります。
このつなぎの動作は、単なるつなぎではなく、
相手の腕を握る、引き寄せる、抱きかかえる、からめ取る、
そういった意味があるんですね。
つまりは関節技です。
このようなことは、誰かに教わって気づく場合もあるし、
自分で発見することもあります。
奥深きかな、太極拳。






よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック