頼らなくても

今日くらいはさ、そんな腹を立てずに、誕生日なんだから。
さぁ、笑って笑って。
うーん、まぁ、仕方がないか。
と、抜きかけた矛を鞘に収める。

いつもなら腹を立ててしまうようなことでも、
誕生日だと、「ギリギリ、何とか」かもしれないけど、
それでも腹を立てないでいられる。
そういうことはあります。
スーッとそこを通り過ぎてしまうというか。

これは、クリスマスでも、お正月でも、結婚記念日でも、
命日でも、たぶん同じ、つまり気持ちの問題です。
勤労感謝の日だったらどうだろう?

腹を立てねばならないときもあるのでしょうが、
いや、腹を立てねばならぬときなどない、
という貴兄のために表現の仕方を変えるなら、
「拳を固めなければならないとき」もあるのでしょうが、
そんな疲れてしまうことは、極々たまにで十分です。

だから、何かの記念日だと腹を立てずにいられるなら、
毎日、「自分の」「誰かの」ための記念日にしてしまえば
いいんじゃないかな?

頼らなくても、ってのが一番いいんでしょうけどね。







よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

"頼らなくても" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント