テーマ:健康

薬、気晴らし、そして

気晴らしは薬と同じくらい大事、 といった人がいます。 それなしで生きられるほど世の中はあまくないと。 そうですね、なくて済むものならそうしたい。 でもそうじゃないから、それのお世話になります。 世話になって一時を過ごす。 それのおかげでやっていける。 しかしそれだけでやっていけるわけでもない。 眠れない人が睡眠薬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正常、異常

痛みと同様に恐怖を感じられるということは、 命を守ることにつながります。 ただ、痛みにしても恐怖にしても、 本当は大したものではないのに、 それをとても強く感じてしまうのは困りもの、 適度が大事です。 自分はたばこを吸いません。 なぜ吸わないのか? その最たる理由は怖いからです。 体を蝕んでしまうそんなものを体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭痛5

労倦、飲食の不摂生で脾胃に過剰な負担が掛かる、 もしくは病後や産後で気血の生成が悪くなる、 そのような理由で頭部を栄養できなくなると頭痛がおこる。 気は目に見えず、血は目に見える、 身体にとって、どちらもとても大切。 これなくしては生きられない。 つまり頭痛とは生命の危機を知らせる重要なもの。 気血両虚による頭痛は今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭痛

慢性頭痛の患者は全国に3千万人 いるといわれているそうです。 3千万人といえば4人に1人、 その中には子供もいることを考えれば、 ちょっと信じ難いと言ってもいいほどの数字です。 「慢性」頭痛ですから、 急にどうこうなることはない人がほとんどでしょうが、 言い方を変えれば、 今後もずーっと痛み続ける可能性が高いわけです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

痛み

体の異常を知らせる痛みとは、 本来とても重要なありがたいはずのものです。 中には、痛みだけが暴走する ありがたくない痛みもありますが、 そうでなければ痛みは重要かつありがたいものです。 急性痛然り、慢性痛然り。 急性の痛みはしばらくすればなくなるか、 慢性の痛みに移行します。 慢性的に痛む、四六時中痛む、というのであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れているとき

ある心理学の学者によれば、 人は疲れているとき、 自分を他人と比べるんだそうです。 この場合、自分の子供や 自分が正しいと思うものや好きなものも 「自分」に入ります。 疲れていなければ、 自分はわが道を行くだけ、 自分の子供を他人の子供と比べない、 自分が正しいと思うものがあれば、 それをやることに一生懸命で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

禁煙したら

タバコをやめたら潰瘍性大腸炎になった という話があるそうです。 消化器科でもらった薬を飲んでも 腹痛と下痢は止まりませんでした。 一ヶ月間ガマンした後、 タバコを吸えば治るのではないか、 という自分の直感にしたがってタバコを吸ったら、 即座に治ったそうです。 ストレスはどこかで発散しなければなりません。 もちろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逃げる

患者さんのお姉さんの話。 戦時中、1年間の疎開生活で喘息が治ったんだそうです。 疎開の目的は、喘息を治すためではなく、 食糧難や空襲から身を遠ざけることですが、 結果的に、空気の汚いところから逃げたことになります。 その逃げた疎開先で病気が治った。 当時の東京も田舎に比べれば、 やはり空気は相当に汚れていたんでしょうか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬のシャンプーで思う

日頃外にいるわけでもないし、 泥まみれになって遊ぶこともないので、 あまり汚れたと感じることはないのですが、 それでも一応とシャンプーに連れて行きます。 で、シャンプーが終わると、 やっぱりそれなりに汚れていたんだ ということがわかります。 きれいになって始めてわかる。白さが、毛ヅヤが違います。 失われてみて初めてわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美容鍼灸

鍼灸で美しくなれるか? 美しいとはどういうことか、 多くの人の間で共通しているものもあれば、 微妙に、ときに大きく違っていたりして、 それによって答えは変わってきます。 ちなみに、鍼で痩せることは簡単ではないです。 顔面部にあるツボを的確に刺激すれば、 末梢循環がよくなり、それによって お肌が本来の健康な姿になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仰向けの金魚2

金魚にはあまりエサを与えなくていい。 金魚は1ヶ月くらい何も食べないでも生きていられる。 むしろ食べ過ぎで体調を崩し、 それが原因で死んでしまうこともある。 といった話を聞いたことがありました。 エサは一日一回与えていましたが、 昨日は忘れていました。 仰向けになった金魚。 暑さでやられてしまったのか、 空腹のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舌は人生

体内の水分が不足していることをあらわす裂文舌。 日照りが続きひび割れた大地のような裂文舌とは、 そんな舌です。 アメリカの州立大学(確かカリフォルニア大学だったと思う)が 調査したところ、脱水傾向にある人のおよそ80%の舌に 裂文が見られたとのこと。 水分を補給すれば、すぐに裂文が消えてなくなるわけでは ないですが、裂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相応

いろいろなことが一気に片付いてしまえば いいのだけれど。そんなものはごくわずか。 体を柔らかくしようと朝から晩までストレッチを やったからって、1日1時間のところを 1日10時間やったからって、 10倍の早さで体が柔らかくなるわけでもない。 筋トレの効果を上げるためには、 それと同じだけの休養が必要。 つまり相応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンラッキー、でも

自分でも運動したほうがいいんだろうな、と思っている。 そんなこと言われなくてもわかっている。 では運動するかといえばやらない。 だって運動嫌いだから、オレ、と 半ば開き直っていたりもします。 好きだからやるという人もいれば、 嫌いだけどやるという人もいれば、 好きも嫌いもない、ただやるだけだ、というもいます。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッキー

運動が好きでも、運動していても病気になります。 運動のやり過ぎが原因でなることだってあります。 適度な運動は病気を予防します。 もちろん、適度な運動がすべての病気を防げる わけではないけれど、 でも運動が好きな人はやはり元気です。 運動が好きな人が病気になると、 早く病気を治して、また運動をしよう、運動したい、 と前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱中症は蓄積によって起こる。 疲れているときに熱中症の症状があらわれやすいですね。 だからその日はそれほどでなくても、 外気の熱さ、内気の疲れが合わさると、 意外と簡単に熱中症になったります。 ちょっとづつの力はすごいな、とあらためて思います。 「畜」という字。玄(くろ)に田で畜。 玄は栄養たっぷりの黒い土をあらわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドッグディズ

ヨーロッパでは7月23日から8月23日まではドッグディズ。 おおいぬ座のシリウス星が太陽と同じ方向に現れる この期間を「犬の日」と呼んでいるんだそうです。 この頃に、人も家畜も体力が弱まり病気になりやすいのは この星の魔力のせいだという言い伝えがあるとのことですが、 それはやっぱり魔力のせいではなく、暑さのせいだと思う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草履を履けば

ゲタというものをほとんど履いたことがありません。 でも草履ならあります。 小学生のころ、夏の間は草履で過ごしていたような・・・。 草履は着脱に便利、涼しいといった長所があります。 反面、露出が多くて危ない。 靴だったら防げたであろうケガをしたりすることもあります。 小学生(今の小学生は知りませんが)は、走ることが多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰のため、何のため

昭和47年、血圧の正常値の上限は180mmHgでした。 その頃、肉体労働に従事している人がとても多かった。 農業にしても、漁業にしても、林業にしても、 今ほどハイテク化は進んでいません。 しっかりと飯を食わね、そしてしょっぱいものを食べて血圧を上げねば、 仕事ができません。電気釜のない時代、ごはんを炊くのも重労働。 血圧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤魔化しの乱用

ストレスが掛かった状態は居心地が悪い。 適度なストレスに心地よさを感じることはあるし、 また適度なストレスは必要です。 しかし大きすぎるストレスや ストレスが掛かった状態が長期に渡ると、 体に不具合が生じます。 ストレスが掛かった状態は居心地が悪い。 はやくその場から身を遠ざけたい。 でもそれが適わぬとき、別の手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偏食2

「栄養バランスの取れた食事を」と言われます。がしかし・・・・。 一日の食事が青汁一杯、 で長年元気に暮らしている、なんて人がいます。 また荒行中の荒行である千日回峰行を 行っている間の修行者の食事は微々たるもので、 摂取カロリーと消費カロリーの収支が全く合わず、 これらは現代栄養学の観点からでは 説明することができませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偏食

白米を食べていた江戸の人たち。 江戸患いに掛かってしまいました。 江戸患いとは脚気のことで、 ビタミンB1の不足によって起ります。 心疾患で脚のむくみ、神経障害で脚のしびれの症状がでるため このように呼ばれます。 主食を蕎麦に変えたところ、江戸患いは減っていったそうです。 トウモロコシが主食のアメリカ先住民の間で …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナナ4

心臓機能、筋肉機能を調整するカリウムが不足すると、 筋肉がつりやすくなったり、むくんだり。 ひどくなれば呼吸困難、不整脈などの症状が起ります。 その他、イライラしやすくなったり、疲れやすくなったり。 腎不全が進んで、カリウムの排泄が行われなくなると、 高カリウム血症となり、これもまた困ったことになります。 多すぎても少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナナ3

バナナ1本に含まれるたんぱく質は1.1mg。 1日に必要とされるたんぱく質は 除脂肪体重1kg当り1~3gですから、 当然バナナだけでまかなえるものではないです。 1~3gとかなり幅があるのは、 各人の運動量によって異なるため。 たんぱく質は肉や魚もしくは大豆などから取りましょう。 肉や魚にもいろいろあります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナナ2

精神安定物質セロトニン の材料となるトリプトファンを含むバナナ。 他にもいろいろな栄養素を持っています。 今一度バナナについて調べて見ました。 バナナ100g(中くらいのバナナ1本分)に 含まれる栄養は次の通り。 たんぱく質1.1g、1日の必要量は体重1㎏に対して1~3g カリウム360mg、1日の必要量は2500…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納豆

納豆についてのおさらい。 ビタミンB2、B6、B12、K、E、鉄分を多く含む。 ビタミンB2 : 糖質・脂質・タンパク質からのエネルギーの生成に関わる。          不足すると口内炎や口角炎、舌炎ができやすくなる。           ビタミンB2の不足以外の原因でできている口内炎も多い。 ビタミンB6 : …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼りになるもの

20代の女性の話です。 二日酔いで調子が悪かったんで、 それを解消すると謳っているドリンク剤を飲んだら、 本当にスキッと目が冴えちゃって、 それでその日も飲みに行って、 そこそこ飲んだらしいんですけど、 その次の日もとてもさわやかだったんだそうです。 あまりに効いてしまうその手のものは、 常用するのは怖い気もします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卵は何個?

「あれが〇〇にいい」とか、 「これが△△に効く」とか、 「それが××に悪い」とか、 いろいろとまことしやかに言われます。 明らかなもの、すでに その根拠が実証されているものもあれば、 実はそうではなかったというものもあります。 またAさんに合うけど、Bさんには合わない、 そんなものもある。 コレステロールを多く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性格と糖尿病2

性格は発病因子の一つ、 ときに大きな一つとなります。 甘いもの・血糖値が上がりやすいものを欲するのは、 それが即エネルギーになるからですね。 疲れているときに甘い物が欲しくなるのは 体からのメッセージです。 いつもいつも甘い物が欲しくなるのは、 いつもいつも疲れているから・・・。 そのようなケースもあるでしょうが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性格と糖尿病

血糖値が高いのが何故いけないのかといえば、 血管を傷めてしまうからですね。 血管が傷めば大変なことになってしまいます。 糖尿病の合併症は命に関わります。 糖分の取りすぎには気を付けなればいけません。 糖分を取りすぎて太る人もいれば、太らない人もいますから、 太らないからといって油断はできません。 痩せていても血糖は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more