テーマ:植物

花の手入れ

花ってのは水だけやっていればいい ってものじゃないんですね。 咲き終わった花を摘んでおかないと 今咲いてる花、これから咲こうといるつぼみに 栄養がいかない。 咲き終わった花には種が含まれ、 その種に栄養が全部取られてしまい、 ヘタをしたら全滅してしまうこともあるんだそうです。 咲き終わったのがそのままってのは見た目も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たらの芽

たらの芽をいただいたので、 てんぷらにして食べました。 たらの芽は名前の通り、 たらの木の新芽のことだそうですが、 たらの木がどんなものなのか知りません。 たらの芽は山菜界の王様と呼ばれているそうですが、 たらの芽を「よっ、王様」と呼んだことは一度もありません。 でも、そう言われれば、 そんな風貌をしているようにも見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑草と花

本日の気温、夏日を超えたとか。 ちょっと前に植えたサフィニアの苗、 ピンクと白の2種類あるうちの ピンクの方に花が咲き始めました。 白の方ももう時期でしょう。 暖かくなって、花が咲くのはうれしいのだけど、 雑草も育っちゃってきています。 近いうちに草むしり、やろうと思っています。 雑草のパワーは凄いね。 頼んだわけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サフィニアの苗を買ってきました

昨年の秋、パンジーを植えようと思って、もう春、 あれよという間に春。 桜のシーズンさえも終わってしまいました。 1月は行き、2月が逃げ、3月が去りました。 ホームセンターのガーデニングコーナーにはすでに夏の花。 ということでサフィニアの苗を買ってきました。 プリエッタにしようか、ペチュニアにしよか、 迷った末にサフィニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花の力

寒い時期、ホームセンターのガーデニングコーナーは あまり品物がありません。 定番のパンジーでも植えようと思って数ヶ月、 あれよという間に過ぎました。 1月は行き、2月は逃げるというけれど、 本当に早い、1年の6分の1が終わりです。 まぁ、でも、寒いのは 早く終わってくれたほうがありがたいね。 ということで、我が家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチジク

我々がふだん口にしているイチジクは、 マスイドーサンという品種だそうです。 例えば、ナシなら豊水や幸水、二十世紀、 リンゴならサン冨士、つがる、 イチゴならとちおとめ、(最近なら甘王とか)など、 どれも耳にしたことのある名前ばかりですが、 イチジクのマスイドーサンというのは あまり聞いたことがありません。 イチジク界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイキングのルール

我が家の近くに建設中のマンションが一軒、二軒、 三軒、四軒。 日本の人口は戦後初めて減少に転じたらしいが、 だったら、こんなに沢山の住むところは、 こんなに沢山のマンショjンは要らないんじゃないか? そう、そのうち、というか既に始まっていることですが、 空き家が増え、ところによってはゴーストタウン化 しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あきざくら

コスモスが咲いています。 秋の桜と書いてコスモスですが、 コスモスの正式名称は「オオハルシャギク」ですから、 本当はコスモスはキク、キク科の植物ですね。 ちなみに桜はバラ科だそうです。 桜に比べると地味なコスモスですが、 秋の季節にピッタリの花だと思います。 ♪薄紅のコスモスが秋の日の、 何気ない陽だまりに揺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

許容量

どこかの化粧品のお店でもらった 小さな観葉植物は、3日ほど水をやらないと、 見事に?ショボンとします。 許容量が少なく、 一度に多くの水分を蓄えることが出来ない。 だから3日空けずに、まめにまめに 水をあげなければなりません。 あげれば復活します、ピシッと。 ショボン、ピシッ、を過去に何度も繰り返していますが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペチュニア終わり

一夏、玄関先でがんばってくれた ペチュニアの花がお役御免です。 6月に植えた直後に集中豪雨にやられまして。 その後も立て続けに、雨風の猛威にさらされまして。 そのせいか、根元の葉が枯れて、 ずーっとそのまま。 花はなんとか咲いてくれてはいましたが、 あまり元気がない。 一応、いろいろと育て方を調べて、 その通りにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペチュニアのその後

色がきれいで種類が豊富 ということで夏のはじめ1月半ほど前に 植えたペチュニアですが、元気がない。 ユーチューブの「ペチュニアの育て方」を参考に、 その通りにしているつもりですが、なんでだろう? プリエッタなんかは、とくに何もしなくても どんどん大きなったんですけどね。 初めから(苗木を買った時から) あんまり強そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューフェイス

半年以上の長きに渡って 玄関周りを彩ってくれていたパンジー、 お役目ごくろうさまでした、 ということでニューフェイス、ペチュニアを植えました。 当初、ブリエッタ、ブリエッタローズ、サフィニアの いづれかにしようと考えていたのですが、 行きつけのホームセンターのセンターポジションに ドンと居座っていたのがペチュニアだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ

サクラ前線が北上中、 本日3月27日はサクラの日だそうです。 3月の後半、関東ではまだですが、 今年ももうすぐお花見の季節がやってきます。 1年中何かしらの花は咲いています。 しかしサクラには、他の花とは違う特別なものを感じます。 国花として正式に認められているわけではないらしいのですが、 まぁ、それはどっちでもいいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

備前玉

備前玉なるものを買いました。 たまに行く大きな公園で、陶器祭りをやってまして。 平日なんで、お客はほとんどいません。 茶碗やら、きゅうすやら、箸やら、湯のみやらの横に 置いてありました。 この備前玉、入れておくと水が美味しくなるとか、 いっしょにご飯を炊くと美味しくなるとか、 金魚鉢に入れると金魚が元気になるとか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉、のち大吉

先月植えたパンジーは現在、 日当たりの良いところに出払っています。 ピークは3月くらいからということで、 それまでしばらく間がありますが、 きっと元気な花を咲かせてくれることでしょう。 後は待つだけ。 花が咲きそろったら、我が家に戻ってくる予定です。 種(苗)を植えて、後は待つだけ。 というのはいいもんです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬も歩けば棒に当る

夏の間咲いていた玄関脇の二鉢の花が終わりを迎えまして、 「ごくろうさまでした」と片付けました。 冬は、ホームセンターの花売り場は品数が薄いし、 しばらくは花は無くてもいいかな、 と思っていたのですが、やっぱりさみしい。 ということで、新たのものを植えました、パンジーです。 これまでと同じく玄関の両脇に一つずつ、のつも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金木犀の香り

金木犀の香りがしています。 季節の良さと相まって、 金木犀の香りは、「本当にいい香りだなぁ」と こころ和みます。 姿は見えずとも漂うその香りはかなり強いものですね。 こんなに存在感のある香りを発する花を 他にあまり知りません。 その香りの強さゆえ、汲み取り式が主流だった時代に トイレの近くに植えられたんだそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陽だまりのコスモス

♪薄紅のコスモスが秋の日の   何気ない陽だまりに揺れている~ 好きな風景の一つです。 陽だまり、いいですね。 気血の流れを重要なものとする東洋医学では、 「たまる」ということをあまり良しとしませんが、 良くないのはたまり過ぎること。 ある程度の量がそこにあることも必要です。 手塚治虫著「陽だまりの樹」では、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花、金魚

花はいいですね。 これが造花だと、いいと思わず、 本物の花だけに心がときめくということを考えると、 自分にもちょっとは「気」を感じる力があるのかな、 と思ったりします。 生きたものにはみな「気」があります。 生きた花を部屋に飾ることで治癒力が高まる なんて話もあるし。 当院の治療室には各部屋に金魚が2匹づついます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妖怪のいる世界

見られるならば、一度妖怪を見てみたい。 幽霊はみたくないけど妖怪は見たい、会いたい。 怖っぽいのではなくて、 できればかわいい感じのがいいですね。 毎年夏の間、散歩の途中などクワガタを見かけます。 雑木林はどんどん宅地化されていますから、 年々住みづらくなってきていることと思います。 それでもこの辺り(相模原市上鶴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘草

生薬の甘草、甘い草と書いて「甘草(かんぞう」。 これは相当に甘いんだろう、 どの程度甘いかと言ったら砂糖の50倍だそうです。 そんなに甘い物を生まれてこの方食べたことがありません、 というか、そんなに甘い物が他に存在するのか? もちろん、それだけで食すことはなくて、 いろいろのな物の調和剤的な働きをしてくれます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柿の葉ウルトラC

近所の柿の木には早くも緑の実が付いています。 あとしばらくすれば店頭にも並ぶであろう柿。 その葉を口にすることはあまりありません。 とにかくビタミンCが豊富ということですが、 ビタミンCを含む食材は他にもいろいろあります。 ビタミンCをお茶として摂取することの利点は 続けやすいことですね。 子供の頃、ビタミンといえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クコ葉

毎日毎日、本当に 鉄板の上で焼かれているような暑さで、 いやんになっちゃいます。 店のおじさんとケンカせずとも逃げ出したくなります。 この時期の水分不足ナトリウム不足は 致命傷になり得ますから注意が必要とは 再三言われていることですが、 取り過ぎもまた良くありません。 体がむくむほどなら、それは塩分のとり過ぎかも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマチャヅル

宝寿茶に入っている18種の野草のうちの一つが アマチャツヅルです。 アマチャヅルは甘茶蔓と書きます。 ほんのりと甘くて、 お茶として飲むことのできる蔓草だから。 アマチャヅルに、鎮静作用のあるサポニンが 朝鮮人参以上に含まれることが知られるようになったのは 比較的最近のことで、、 以来、脚光を浴びるようになりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハブ茶

今朝、散歩の途中でヘビを見ました。ハブ、 ではなくてあれは多分ヤマカガシ。小さい。 直径2cm、長さ40cmくらい。 トカゲよりは大きいですが、青大将よりは小さい。 かわいいモンです。ハブなんかだと怖いですけど。 ということで、本日はハブ茶のお話。 何故ハブ茶をハブ茶というか、 一説によればハブのような生命力を持つから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グァバ

沖縄で採れるグァバ。 ジュースとして飲んだことはありますが、 グァバオンリーのお茶というものは飲んだことがありません。 でも宝寿茶には入っています。 十八種の野草のうちの一つとして。 主に使われるは葉の部分。 血糖降下作用が期待されていますが、 基本的な食事の管理、適切な運動が主、 お茶だけで糖尿病を治そうなどと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅花

宝寿茶には紅花も入っています。 宝珠茶にも入っているし、養命酒にも入っています。 葛根紅花湯、滋血潤腸湯、通導散などの 漢方薬にも使われます。 冷え症を、月経不順、月経痛、産後の腹痛、更年期障害など 女性疾患に多く用いられますが、 血行が促進されることが体に良いということは 男性も同じです。 良いとされるものでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨモギ

宝寿茶にはヨモギも入っています。 お団子に入れたりしますから結構馴染み深い野草ですね。 お灸の原料はモグサですが、モグサはヨモギから作られます。 まず、5~6月に河原に行ってヨモギの葉っぱを摘んできます。 そこらじゅうに生えています。 その摘んできたヨモギの葉を 1週間ほど天日干しにして乾燥させます。 乾燥した葉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隈笹

十八種類の野草が入っている宝寿茶、そ の一つが隈笹です。 隈取のある笹だから「隈笹」。 熊が住んでいそうなところに生えているから もしくは熊が食べる笹だから熊笹というのは 俗称だそうです。 高血圧、高血糖、糖尿病、胃腸虚弱、喘息、体臭、 口内炎、白内障、肉体疲労、食欲不振等々改善の 効能が期待されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマ茶

ハマ茶、別名を「カワラケツメイ」、 河原によく生えているからこのような名前になったとのこと。 宝寿茶にブレンドされています。 ハマだけのお茶というものを飲んだことがありませんが、 それを常飲している地域もあるそうです。 他のお茶同様に利尿通便を促すといった効能があります。 「出す」ということが大事なんですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more