テーマ:体調管理

ホウレンソウと小松菜と

いろいろな色のものを食べることで 結果的に栄養のバランスが取れる。 彩られた食卓は見た目にも美味そう。 でもホウレンソウの栄養素を 小松菜がすべてまかなえるかといえばそうではないし、 トマトの役割りを赤パプリカがすべて補えるか といえばそうではない。 スクワットは全身の主要な筋肉を使うすぐれた種目ゆえに 筋トレの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金魚よ

どうも金魚の具合があまりよくないようです。 どの程度よくないのか、 話ができませんのでわかりません。 いつもと同じでないことはわかります。 寝ているのでも、 ただ動きを止めているのでもないようです。 体が横向きになったり、背ビレがねていたり。 一度こうなると立てなおしはかなり難しいみたいで、 過去、このようになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛を自分で治す方法

腰痛を少しでもよくするために 「自分でもできること」とはいかなるものでしょうか? 1、自分にとって楽しいことを適度にやる これは「インディアンの教え」にもあることで、 「ストレスを減らそうとしても、仕事を辞めるわけにもいかない」 ならば、自分にとって楽しいことをしよう。 楽しいことをすれば、同時に一時でも嫌なことから開放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンセットで

やっと、ちゃんと秋になった感じがします。 こころは既にゲレンデに、 そんなスキーヤーもいるかもしれないし、 運動会に備えて、 体力強化を図っているお父さんもいるかもしれない。 美味しい秋の料理を作ってやろうと もくろんでいるお母さんもいるでしょうし、 マラソン大会で 自己ベストを虎視眈々とねらっているランナーもいるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バスタイム

30年ほど前に、地方から出てきた親戚が 世田谷に下宿をしておりました。 ときどき遊びに行っていてたその宿は、駅から5分。 ですが、四畳半一間、風呂なし、トイレは共同。 家賃がいくらだったか? 聞いたような気もしますが忘れました。 今では超高層ビルも建つ一等地です。 いくところにいけば、まだまだあるのかもしれませんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥たちは巣に帰る

キャンセルで時間ができたので少し走りました。 台風で境川は荒れています、毎度のことですが。 今でこそ周りをコンクリートで固められ立派になっていますが、 整備される以前、別名を「暴れ川」といったそうですね。 走っている途中、 飛んでいるアオサギやシラサギは見ましたが、 当然のことながら、川面にカモたちはいません。 き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新薬、新治療

新薬が発売されます。 その新薬の治癒率は、それまでのものより高い、 といった話があります。 「新しいこの薬は、自分に合っている」と思う人が多い ということですね。「やっと出会えた」と。 しかし、時が経ち、新薬が新薬でなくなると、 治癒率はなぜか旧薬と同じになり、 それ以上でもそれ以下でもなくなります。 「あれ?前はも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンディショニングを成功させる

スポーツ障害を起こす最たる理由はトレーニングそのものです。 トレーニング量を減らせばそのリスクも減り、 コンディションが崩れることも少ないのですが、 それではスキルアップ・技術力向上が望めません。 コンディションを崩さず、いかに質・量の高いトレーニングをこなし、 競技力向上につなげていくかが コンディショニングにおい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツコンディショニング

スポーツでケガをする、 よかれと思ってはじめたはずなのに。 珍しいことではないですが、つまらないことではあります。 とても大きな、 日常生活どころか生命が危険に及ぶようなものでなくとも ケガはしないにこしたことはありません。 ケガをしてしまうと続けることもできません。 健康のため、競技力の向上ためなど、 目的はい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末プレイヤー

明日は土曜日、 スポーツに興じようという方も多いことでしょう。 ふつうプロでもない限り スポーツに費やせる時間は限られています。 平日は難しい。 会社帰りにフィットネスクラブに、と思っても 残業でとか、疲れちゃってとかの理由でなかなか行けないの現実。 となるとスポーツをめいっぱい楽しむのは週末となりますね。 野球を、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シークワーサー

ここのところ、 シークワーサーをよく飲んでいます。 シークワーサーのネタでブログで書くのは 確か2回目だと思います。 糖尿の気がある人に贈ったついでに自分でも、 と最近になってまた愛飲しています。 味はすっぱい。 栄養に関しては、 含まれている「ノビレチン」という成分に 血圧・血糖の効果作用があるのが最たる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代謝3

痩せようとしたとき、 そこに無理がないほうがいいですね。 無理があると、痩せられたとしても それをキープすることが難しくなります。 食べる量を減らすといっとき体重が落ちますが、 しばらくするとそれ以上落ちなくなるのは、 食べる量に合わせて代謝も落ちるからです。 なんとかやりくりしてるうちに、 その食事の量に「慣れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代謝2

長年同じ体重60kgをキープしているAさんとBさんがいて、 食べる量が倍も違うなんてことがあります。 代謝量の違いによってこのようなことが起ります。 Aさんは1日に1800kcalを摂取して1800kcalを消費、 Bさんは1日に3600Kcalを摂取して3600Kcalを消費する。 こういうことです。 体重が同じで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代謝

食べ物が有り余って運動が不足するこの平成の世にあって、 「代謝」が下がればいいなどと思っている人は、まずいないでしょう。 代謝を上げるためには、    筋肉量を増やす、  なんでもいいから運動する、  体を冷やさないor温める といったことがあり、これらはどれも関連しています。 筋肉量を増やしておいた上で有酸素運…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良きにつけ悪しきにつけ

続けることの効果のほどはとても大きい、 良きにつけ悪しきにつけ。 ワイル博士は言っています。      わたしは機会あるごとに、 睡眠薬を飲まないように患者を説得している。  睡眠薬を使ってもいいのは、家族の死とか時差などで  どうしても眠りが妨げられた場合の短期使用だけである。  2~3晩以上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重計3

太るためには消費するカロリー以上の摂取カロリーが必要です。 つまり食べ物が沢山要るわけですが、 人類史上、人が太れるような恵まれた環境になったのは 最近のことです。 昔、適正体重を超えるもしくは下回ることは、 あまりなかったと思われます。 通常はその人の生活様式に応じた然るべき体重にあった。 とくにそれを維持しようしな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重計2

体重計に乗って、 「重い」もしくは「軽い」だけではあまり意味がありません。 「重い」とはどういうことか、 増えるとはどういうことか、 重すぎると何故よくないのか、 「軽い」とはどういうことか、 減るとはどういうことか、 軽すぎると何故よくないのか、 ということを理解して、 減らしたほうが良いのか、 少し増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体重計

体重計を発明したのは イタリア人医師のサントリオ(1561~1636)という人。 日本ではタニタが1956年から 家庭用体重計を製造しているそうです。 日本における体重計の歴史は結構浅いんですね。 健康を管理するたの道具として 日々役に立ってくれている体重計ですが、 私たちの親の世代では、 子どものころには家に体重計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休息時間

テレビで被災地の生活の様子を見ていると 息がつまりそうです。 見ているだけでつまりそうなんだから、 現地の人は、 ほんとうにつまってしまう。 どこかでぬかないといけない。 こんなペースが続けられないことは わかっているけど、 市民が大変な思いをしているのに 自分たちが休むわけにいかないと、 職員の人たちは文字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広がれ範囲

体調管理に十分気をつけろ、 と言われてもなぁ。 じゃぁ、具体的に何をどうすればいいの? 温かくして、 しっかりと栄養を取って、 適当に動いて、 よく寝る、でしょ。 助けられる側の人も、 助ける側の人も、 その原稿を読んだ人だって、 「気をつけてもできないのが現状だ」 って思ったと思う。 寒いだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康管理のできる環境を

季節の変わり目は 環境が変化するとき。 季節の変わり目に体調を崩しやすいのは、 体外環境の変化に 体内環境がついていけないからです。 大きな体外環境の変化は、 病気の原因になります。 暑さ寒さなどの肉体に襲いかかるものもあれば、 精神的なものもある。 一見それほどのもののようでないものでも、 長期に渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

補中益気湯に似た効能

一頃の、夕方になると必ず雷と大雨、 のおかしな天気は完全に影をひそめたんでしょうか? 朝夕と大分涼しくなってきました。 過しやすい、調子悪かったけど持ち直してきた、 という人がいる反面、 なんかだるい、風邪かな、という人がいます。 夏バテ解消の代表的な漢方薬に、補中益気湯があります。 名前の通り、中焦を補って元気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイの話

味の基本は、甘い、酸っぱい、苦い、辛い、塩辛いの5種類、 もしくはこれに旨い、を加えて6種類。 ニオイもこれまで、 いくつかの基本的なものを探し出す試みが行われていて、 ヘニングという人は、花の臭い、スパイスの臭い、腐敗臭、こげ臭、ヤニ臭、果実の臭い の六つ、 アムーアという人は、花の臭い、ショウノウ臭、腐敗臭、刺激臭、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱中症

「熱中症」 我を忘れて一つのことに熱中してしまう病気、ではありません。 高温・多湿によって、体温調節機能がうまく働かなくなることで起こる障害で、 夏の暑い時期に多発します。 スポーツの現場など、体力を酷使する環境下で起こることが多いですが、 お年寄りなんかだと、寝ているだけでもなる場合があります。要注意です。 水分補…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイシング

シンスプリントとは、 スネの内側、内くるぶしの少し上で骨の際 が痛くなるスポーツ障害です。 筋肉でいえばヒラメ筋とか後脛骨筋、 ツボなら三陰交の辺り。 この筋肉の付着部に何回も繰り返し衝撃が加わり、 炎症が起きます。 ヒラメ筋と後脛骨筋はともに足首を伸ばす働き、 専門的にいうと、足関節の底屈作用があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝汚い人

寝汚い(いぎたない)。 ねむりこんで、なかなか目を覚まさない、 横になっている姿がだらしない、 寝姿がみっともない、とういう意味だそうです。 「寝汚い奴だなぁ」といわれる人は死んだように、ドロのように 寝てますね。間違いなく熟睡しています。 でも、はたで見て、寝ている姿がみっともない、 とは、どんな具合にみっともな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more