テーマ:治る力

進化、退化

ちょっと前までは考えることさえできなかったことが、 今日には実現している。 人類の進化はめざましく、その恩恵に与るこの頃です。 人間は車もつくれる、飛行機もつくれる、ロケットも、テレビも、 冷蔵庫も、洗濯機も、エアコンも、携帯電話も、 お米も、カボチャも、スカイツリーもつくれます。 もちろん、つくれる人がいるということで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今更ながら骨盤の歪み2

骨盤の歪みを取ることをしたら痛みがなくなった、 そういうことは確かにあります、ありました。 そこに重きを置いて治療にあたっていたことがあります。 「骨盤の歪みを取ること」をすると、 実際には歪みは取れていなくても、「痛くなくなった」と 患者さんが感じることはあります。 「骨盤の歪みを取ること」が 骨盤の歪みを取ること以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒポクラテスは言っていた。

古代ギリシャの医者ヒポクラテスの最も重要な功績は、 医学を原始的な迷信や呪術から切り離し、 臨床と観察を重んじる経験科学へと発展させたこと と言われています。 そのヒポクラテスが言っています。 「薬で治らなければマッサージで治る。 マッサージで治らなければ熱で治る。 熱で治らなければ、その病は治らない病であろう」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無心になって

肩コリを治すために 滝に打たれる人がいるかは知らないが、 腰痛を治すために断食をする人はいる、いた。 そして腰痛を治した。 猛烈な水圧に、 骨の髄まで凍りついてしまうようなその刺激に耐えている間、 空腹に耐えているその間、 肩コリや腰痛のことなど考えていられない。 その一時、無心になっている。 もちろん永遠に滝に打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージが肩コリに効く一つの理由4

痛みやコリを一時忘れてしまうことが大事ということであれば、 無心になって何かをするのは、 それがなんであっても、 痛みやコリとさよならするためには有効ということになります。 実際にそんな経験された人は大勢います。 もちろん、痛みやコリの原因は 心理的なものだけではないですから、 無心になって何かをするとは言っても、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージが肩コリに効く一つの理由3

交感神経ばかりが長く長く続いてしまうような状況は、 心にとっても、体にとってもよくありません。 現代人は交感神経に偏りがち。 だから、そのような人は、 副交感神経を働かせるようなことをせよ、 と言われます。とても大切なことです。 すでに交感神経に偏っていたとしても、 振り子をさらなる交感神経寄りに(副交感神経寄りではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージが肩コリに効く一つの理由2

マッサージは肩コリに効きます。 もちろん効き方には個人差があるし、 マッサージだけが有効な手段だ、 などと申し上げるつもりはありません。 肩コリは凝っているのが肩、 それを感じているのが脳です。 ですから肩に(体に)よいことをしつつ、 脳が、「不快なコリ感」を忘れるようなことをすれば なんであっても効果は望めます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マッサージが肩コリに効く一つの理由

マッサージは、施術される側が気持ちいい思いをするためか、 あまり受けないほうがいいなどと言われたりすることがあるようですが、 そんなことはありません。 スポーツの練習中に水を飲まないことがよし、とされる時代がありました。 苦しい思いをした分だけ勝利に近づく、といったことを履き違えたのでしょう。 水を飲んだそのときに感じる美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腐る。いや、

「腐らずにやってきて良かった」。 今場所優勝した鶴竜のコメントです。 14日目の希勢の里との一番、 横綱らしからぬ相撲、と相当バッシングがあったようで。 その理由は、肩のケガが治っておらず、 希勢の里の当りを受け止める自信がなかったからとのこと。 勝っても、内容を問われる横綱は大変です。 まぁ、ほんとに腐らずやってきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中成功

人が最もリラックスできる温度が20~25℃、 湿度が40~60パーセントだそうです。 それが正にこれからの季節。 物事が上手くいくポイントがリラックスすることならば、 これからはいろいろなことが上手くい・・・・・って 欲しいのですが、そう簡単にはいかないことが多いのは、 ガッテン承知の助、わかっているつもりです。 最悪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仰向けの金魚2

金魚にはあまりエサを与えなくていい。 金魚は1ヶ月くらい何も食べないでも生きていられる。 むしろ食べ過ぎで体調を崩し、 それが原因で死んでしまうこともある。 といった話を聞いたことがありました。 エサは一日一回与えていましたが、 昨日は忘れていました。 仰向けになった金魚。 暑さでやられてしまったのか、 空腹のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機械、人間、金魚

金魚にはあまりエサを与える必要がなく、 1ヶ月くらいは何も食べずに生きることができる、 んだそうです。 むしろエサの与えすぎで体調を崩すことが多く、 それによって死んでしまうことも。 といった話を聞いていたので、 あまりエサをあげていませんでした。 が、今回の件で、そんなことばかりでもないことを知りました。 人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンラッキー、でも

自分でも運動したほうがいいんだろうな、と思っている。 そんなこと言われなくてもわかっている。 では運動するかといえばやらない。 だって運動嫌いだから、オレ、と 半ば開き直っていたりもします。 好きだからやるという人もいれば、 嫌いだけどやるという人もいれば、 好きも嫌いもない、ただやるだけだ、というもいます。 な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラッキー

運動が好きでも、運動していても病気になります。 運動のやり過ぎが原因でなることだってあります。 適度な運動は病気を予防します。 もちろん、適度な運動がすべての病気を防げる わけではないけれど、 でも運動が好きな人はやはり元気です。 運動が好きな人が病気になると、 早く病気を治して、また運動をしよう、運動したい、 と前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治るか?いつ治るのか?

治りますか?と聞かれることがあります。 本当のところは神様にしかわからない。 がしかし、神様にお伺いを立てなくても およそのところはわかるものもあります。 治るために必要なこと、それは、 治る環境を整えること、当たり前ですが。 いつ治りますか? 治るためにどれくらいの期間が掛かりますか? といったことも聞かれます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の迷子

ケータイを忘れて落ち着かない、 それどころかとても不安になる、 そんな経験のある人、多いと思います。 だから忘れないよう、より一層気をつける。 「忘れちゃったらしょうがいないよ、 今日は一日ケータイなしだ」 と簡単に開き直れる人がいたらうらやましいですね。 多くのことをケータイに頼っている今日、 その「頼り」がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活躍の場

疫病にお経が効くわけがない。 いくら加持祈祷をしたって、 いくら南無阿弥陀仏を唱えたってむり。 疫病に効くのは薬。 心を落ち着けるために 南無阿弥陀仏を唱えるのはいいこと。 でも出しゃばるのはよくない。 南無阿弥陀仏を唱えても疫病は治らない。 南無阿弥陀仏の活躍の場はそこじゃない。 コロリが流行って南無阿弥陀仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休み明け2

多く、休み明けに好記録が出ます。 それまでよりも速く走れたり、高く跳べたり、 重いものが持ち上がったり、 美しい演技ができたり。 トレーニングで体を作り、 休んでいる間にその体にエネルギーが蓄えられ、 そして休み明けにエネルギーが発射される。 十分な休みが与えられていないと、 体は勝手に(意図するしないに関わらず)休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像力4

湿布を出しておきますから、それで様子をみましょう。 湿布とは、塗布消炎鎮痛剤。 薬効成分のある布を貼る、クリームやジェルを塗るなどして、、 炎症を消したり、痛みを鎮めたりするもの。 炎症を消すわけだから、湿布は患部を冷やすものだ。 さらには使い続ければ、 その成分は体全体に行き渡り、体全体を冷やす。 だから冷やした方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像力3

患者には出すが、自分では飲まない、 飲みたくない薬があるそうだ。 血糖値を下げるために、すい臓を刺激して インスリン分泌を促す作用のある薬。 すぐに効果が出るが、 飲み続けるとすい臓が疲れてきて効かなくなるとのこと。 これは、痩せ馬にムチ打つのと同じ、 疲れきっている馬をいくら打ったってムダ、ムリ。 それどころか、腎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院、退院

退院して元気になる人がいます。 元気になったから退院するのではなくて、 退院して元気になる。 「オレは退院して病気が治った」と。 本人の強い要望により、 当初予定されていた入院日数を短縮して、 繰上げ退院をした。 入院中ずーっと調子が悪かったけど、 家に帰って来たら良くなった、元の調子に戻った。 この人にとって入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はかどらないのは

座って本を読んでいると 横になって読みたくなります。 で、横になって読んでいると眠たくなります。 気が付くと寝ています。 これでは読書がはかどらないね。 はっ、と起きて読書再開、 したのも束の間、いつの間にやらまた寝ています。 その本の面白度合いにもよりますが、 そんなことを繰り返したりしています。 この状況を気合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歳のせい?

美味しいおもちをいただきました。 このおもちはなんでこんなに美味しいんだろう? つき方や焼き方も多少はあるかもしれないけど、 それはきっと元の米が美味しいから。 一着の良い着物を作ろうとしたら、 製法や技術もさることながら、大きくものをいうのは生地。 立派な生地であれば、 その後立派な着物になる可能性は高いですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレスと好きなこと

好きなことがあるってのは幸せなことです。 好きなことに向かうとき、 エネルギーに溢れていますでしょ。 好きなことがあれば病気にもなりにくく、 また、なっても治りやすい。 自分が、心から好きであれば、 それが何であってもかまわない。 その好きなことがうまくいくように きっと神様が応援してくれます。 でも夜更かしが好き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しっかり、しっかり

寒いと体が動かない、パフォーマンスは低下します。 スキー場オープンの時期ですね。 楽しいはずのスキーも、 完全防寒でなければ楽しくない。 暖かい中だからこそ楽しいし体もよく動きます。 試合前のウォーミングアップには、 ケガをしないようにといった体に対しての目的もありますが、 緊張を解きほぐすといった心に対しての目的もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たくさんの時間を楽しみたい

たくさんの時間を楽しみたい、オレは欲張りだから。 明け方にトイレに行きたくて目が覚める。 起きるまでにはまだ少し時間ある。 こんな時は思い切ってできるだけ早く 用を足したほうがいいですね。 ガマンしたところで尿意がどこかへ 行ってしまうわけもない。 同時に複数の問題が発生して、 一つ一つに手間暇かけていられない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

諦めるな

次のような実験があるそうです。 40時間から60時間泳げるマウスを、 水に入れる前に逃げられないように押さえる。 すると、マウスは当然逃げようとするが、 あるところでふっと諦める。 諦めたその瞬間に水に入れると、 30分で溺れ死ぬ。 これは何を意味しているか? 自分が外界に対して何をやっても意味がないと思った瞬間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

答えはある

スポーツ選手は治りが早い。 モチベーションの高い選手であれば尚更。 これは単に体力があるから といった理由だけはないですね。 早く競技に復帰したい、その気持ちが 治癒力を倍増させます。 もちろん気持ちだけで治るわけではありませんが、 治癒のための重要なファクターであることに 間違いはないです。 逆に言えば、その気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑固者

頑固者が作ったそばが美味しければ、それでよし。 そのまま、頑固一徹を貫いてもらいたい。 頑固者が作ったそばは美味しいと信じたい。 信じたい、が、不味いこともある。 頑固者が作ったそばが不味かったら、これは未来がない。 信じた道を突き進むことがよしとされるのは、 その道が理に適っていればの話。 無理が通って、道理が引っ込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君は知っているか

ストレッチをやると自分の体の柔軟性に 左右差があることに気が付きます。 ストレッチを日課にしているような人は 皆それを知っているし、 そうでない人もやっているうちにそれに気が付きます。 左右均等の方が珍しいから、 不均等であっても気にすることはありませんが、 どっちがどっち、ということは知っておいた方が、 知っていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more