テーマ:スポーツ

北の湖3

アニメ「トムソーヤの冒険」 とても魅力的な作品ですが、 子供にはちょっと怖いかも知れません。 自分が子供のときに観たトムソーヤの冒険(実写版)は、 楽しい場面よりも怖い場面の方が強く印象に残っています。 何が怖いって、インジャン・ジョーが怖い。 映画は怖い場面もなければ、 総体的に面白くはならないのですが、 それが過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の湖2

優勝回数から言えば、 北の湖の24回を上回る力士はいます。 しかし、とにかく「強い」という印象が一番強かったのは北の湖。 これ以上インパクトのある力士はいません。 当時もう一人の横綱が輪島。 「黄金の左」の輪島です。 自分も横綱で好きなのは、 もちろん北の湖ではなくて輪島でした。 千秋楽の日に、国技館に来たお客さんに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の湖

大相撲を観るようになって40数年が経ちます。 最初のひいき力士は、親父の影響で魁傑。 当時大関でした。 大関が一番面白いというのが親父の考えで、 横綱になる前の大関のしかも成り立ての頃が 気力体力共に充実。 さらにまだ上の地位が残されていて、 一番応援のしがいがある、 横綱になってしまえばつまらないと。 自分もそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しいフォーム

体格体力が全て同じであった場合、 技術力の差が勝敗を分ける可能性が高い。 同じ体格、同じ体力でも、 ボールを投げて遠くに飛ばせる人と、 そうでない人の最も違う点は技術。 この場合、気合や根性はあまり関係がありません。 ベンチプレスは、本来大胸筋を最も可動させる種目です。 大胸筋の作用は上腕の水平内転ですから、 ベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

濃すぎてはいけない

スキー場で過ごす毎日は密度が濃く、 体調管理に気をつけないとすぐにオーバーワークになります。 腰が痛いだの、風邪を引くだの。 仕事である以上、なかなか休めないので、 仕事以外のところで養生するしかありません。 つまり、滑りたい気持ちをグッとこらえる。 滑りたい気持ちが強い間はいいのですが、 だんだんと何となく休みたいな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケガをする人、しない人

運動会の季節です。 運動会でケガをするお父さんたち。 日頃運動不足のために、 体がイメージについていかないのがその最たる理由。 だから昔運動をしていたお父さんの方が、 ケガをしやすいといわれます。 まぁ、これはお父さんに限らすですが。 くれぐれも気をつけて。 逆に、本当はできるはずの体なのに、 消極的なイメージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テーピング

NFL(ナショナルフットボールリーグ)では、 すべきテーピングをしていなかったら その選手は罰金を取られるそうです。 テーピングなどせずにいられたら、 それに越したことはないのでしょうけど、 そうもいきません。 経験のある人はわかると思いますが、 正確に巻かれたテーピングは本当に心強い。 あるのとないのとでは大違いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つまらなければ面白い

面白いの反対は何か? 答えは「つまらない」。 では「つまる」の反対は? 答えはやはり「つまらない」。 つまらず、滞らず、が健康の基本。 ふんづまって、巡るはずのもの、 出るはずのものが出ないのはよくない。 出ればスッキリ、イライラも解消されて、 物事がすべてうまくいく、とも限りませんが、 「つまり」がなくなれば、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日和

何かをするのに適した日のことを 〇〇日和といったりします。 洗濯日和、散歩日和など、 主に天候に対して使われることが多いですね。 これからのシーズンは、 運動会日和や行楽日和などがあります。 大雪が降って、「今日は雪合戦日和だ」とは 言わないことを考えると〇〇日和とは、 つまりは「とてもよく晴れている」「いい天気」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腐る。いや、

「腐らずにやってきて良かった」。 今場所優勝した鶴竜のコメントです。 14日目の希勢の里との一番、 横綱らしからぬ相撲、と相当バッシングがあったようで。 その理由は、肩のケガが治っておらず、 希勢の里の当りを受け止める自信がなかったからとのこと。 勝っても、内容を問われる横綱は大変です。 まぁ、ほんとに腐らずやってきて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年を10日で暮らすよい男

調子のいいときだけしかやらないのなら、 そりゃ成功率は上がるかもしれないけれど、 そういうわけにもいかない。 少しくらい調子が悪くったって、 なかなか会社は休めません。 その昔、相撲は一年に一場所だけ、 しかもその一場所が10日でした。 「一年を10日で暮らすよい男」という言葉があったそうで、 これは一年分の生活費を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘉風がいいね

そろそろ下降線を辿ってもおかしくないであろう年齢なのに、 下降線を辿らない、それどころか上昇線を描く人がいます。 走り始めた三十のときより、四十のときのほうがタイムがいい なんてことは珍しくはありませんが、 レベルが高くなるほどに、そのようなことはなかなかない。 これまで走ったことがなければ、何歳であってものびしろは ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現象から次の現象へ

大相撲をみるようになって40年以上立ちます。 40年の間に数々の横綱が生まれました。 当たり前ですが、どの横綱も横綱ですから、 みんな強いのですが、 引退が印象深く残っているのは北の湖と千代の富士の二人。 あー、あの憎たらしいほど強かった北の湖も引退か。 あー、数々の記録を作った千代の富士も引退か。 と子供ながらに思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一定量

「あーだ、こーだ」と体を動かすよりも口を動かすことが好き、 そんな人は口を動かせばいい。 人は好きなことをやってこそ、花開くと言われますし。 テニスが上手くなりたければ、テニスをたくさんやる。 一定量をこなさなければ上手くなりません。 「あーだ、こーだ」言うのが上手くなりたければ、あーだ、こーだ言う。 中には才能ある人も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまる

料理のレシピには著作権がないんですってね。 レシピ通りに作れば、 それなりに美味しいものができるのでしょうけど、 だからといって、アマがすぐプロになれるわけもないし、 それでお金が稼げることもないでしょう。 この辺りのことはおそらく武道の極意書と同じです。 いや、極意書なんてそんな大それたものでなくても、 こうやったら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

競歩をやる人

昨今、野球よりもサッカーをやる子のほうが多い。 選手の活躍をテレビで観て「ああ、かっこいいな」 と隣の子がサッカーを始める、 それに影響されて自分も始める、 そうやって少しずつ、ときに一気に競技人口が増えます。 始めようと思ったそのとき、 ボール一つあればできるサッカーは始めやすい。 見る楽しみ、やる楽しみ、双方あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あのとき、ああしておけば

「あのときもっと勉強しておけば」、 なんてことは多くの人が考えたこと。 あのとき、ああしておけば、 あのとき、こうしておけば、 あのとき、もっと練習しておけば、 といったことを考えたことがない人は、 よほど前向きな思考を持っているか、 もしくは、ただ反省しないだけ。 この二つは、紙一重ですね。 「あのとき、もっとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ

世界陸上男子100m決勝。 わずか10秒足らずで終わってしまうからこそ、 緊張感が凄い。 テレビの画面越しに伝わってきます。 結果はみなさん知っての通りですが、 そのVTRを選手の数だけ(つまり8回)見たい、 という気持ちわかります。 それぞれの100m決勝があります。 これまでの勝った試合、負けた試合、 ケガで苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どれだけやろうか

長くやれば、もしくは多くやれば いいってもんじゃないものもあれば、 長く、多く、やったほうがいいものもあります。 効果が同じなら(これがポイントなわけですが)、 そこに掛ける時間や量は、短ければ短いほど、 少なければ少ないほどいいですね。 だから何時間練習すればとか、何回やればとかは 一概には言えません。 やりすぎる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バナナ

一頃食べ飽きてしまったバナナですが、 実によい食べ物です。 もちろん人によってはよい食べ物になりません。 例えば糖尿病の人には不向き。 アスリートの携帯食としては抜群です。 食べやすい、すぐにエネルギーに変わる、安価、美味しい。 天然の食べ物でバナナに並ぶものなどあるでしょうか? 幼稚園のとき、クラスに転校生がやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楼膝拗歩3

ステンマルクはウェイトトレーニングをしなかったそうです。 トレーニングとして、スキー以外では綱渡りをよくしていたとのこと。 ウェイトのマイナスの面を考慮してあえてやらなかったのか、 別にその必要性を考感じていなかったからなのかはわかりません。 今ののようなウェイト全盛の時代ではありませんでしたしね。 あまりやったことがない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一度に

一度に多くのことをするのは大変です。 音楽を聞きながらのほうが作業がはかどる といったケースもありますが、 これは単純作業の場合。 その単純作業が単純ではない人にとっては、 音楽はジャマ、もしくは耳に入りませんね。 意識せずとも手が動くようになったとき、 音楽は耳に入ってきます。 立会い前の相撲の仕切り。 国技…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆっくり行こう3

速い球を投げるピッチャーのモーションが 速いかといえば、そんなことはなくて、 むしろクイックモーションの方が球速は落ちます。 ゆっくりと大きくワインドアップで投げる方が球は速い。 速く動こうとすると速くはならずに、 動きは固く小さなものなってしまします。 では、ゆっくり動こうとするとのろまな動きになるかといえば、 そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝ってにする真似

アメリカで92歳の女性がフルマラソンを 完走したとか。 このニュースで、いろんな人(とくに年配者)が 励まされることでしょう。 「もう歳だから」を言い訳にできなくなります。 反面、「それは特別、その人だからできた」という意見も。 確かに、がんばったからといって できるようなことではないですね。 その92歳の女性にして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玄人の答え

とある中国拳法の大家とお会いしました。 動けば即技。 おそらく、このようなレベルになると、 空手がどうとか、ボクシングがどうとか、 そういうことではなくて、いかに合理的に動くかということだけを ポイントに動いているんだろうと思います。 状況に合わせて動いた結果、たまたま太極拳でいうところの、 もしくは蟷螂拳でいうところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しなやか動き3

「しなやか」が、 やわらかに、しなうようす、 からだがやわらかによく動くようす、 であるならば、しなやかさは動きの中にこそある ということになります。 では、静止しているものの中にしなやかさがないかといえば、 必ずしもそうではなく、 そこにしなやかさを感じることもあるでしょう。 静かに止まっているものの中に動きを感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しなやかな動き

「しなやか」を辞書で引くと次のようにあります。 やわらかに、しなうようす。 からだがやわらかによく動くようす。 ということならば、身体がやわらくなければ、 しなやかな動きはできないということになります。 柔軟性は、しなやかな動きのための重要事項で、 これに異論を唱える人はあまりいないと思います。 では、「柔軟性=しなや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決闘3

スポーツと武道は、横並びに並ぶのではなく、 武道の中にスポーツが含まれます。 また、スポーツの中にも武道的要素があります。 考え方次第でそれは武道にもなり、 スポーツにもなります。 一人の武道家が次ぎのように述べています。  空手をはじめとする多くの武道の大会でも、  開会式で代表選手が選手宣誓を行うのは、  今では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決闘2

争いや闘いとは無縁でいたい、 そんな人は多いでしょう。 特に日本人は和を好むと言われます。 しかし、和を守るための闘いなどもあるのが、 世の現実です。 スポーツでルール違反をすれば、ペナルティが課せられ、 それが悪質だったり、故意だったりすれば、 より厳しい罰則が与えられます。 しかしそれでもルール違反をしてしまう人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怠け者の存在意義

野球を1チーム9人でやろうと 誰が考えたんだろう? セカンドとサードの間にショート(遊撃手) というポジションがあるのに、 セカンドファーストの間には誰もいない。 もしここに10個目のポジションがあったら 入る点は減るでしょうね。 逆に野球を8人とか7人でやったら、 点がいっぱい入る。 この場合、どのポジションを削…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more