テーマ:行事

テディベアデイ

10月27日はテディベアの日。 熊のぬいぐるみテディベアの名前の由来となった ルーズベルト米大統領の誕生日が10月27日。 イギリスで始められた記念日で、 世界中で「心の支えを必要とする人たちに テディベアを贈る運動」が行われているんだそうです。 自分もテディベアを贈ったことが何度かあります。 実はこのときに贈った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状を書く

新年の挨拶をハガキの年賀状ではなく、 メールで済ましてしまう人が増えているとか。 嘆かわしい風潮だ、という見方もあれば、 例えメールであろうが、新しい年の初めに 何かしらの挨拶をしなくては、 と思う気持ちが残っているだけ、 まだ救われるといった見方もあります。 自分の場合、しばらくはハガキで出すつもりです。 印刷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様は留守?

10月を神無月といいます。 一説によれば、出雲大社に全国の神が集まって 一年の事を話し合うため、出雲以外には神がいなくなるから。 だから、出雲の地方では10月を神有月というんだそうです。 どこかにあれば、どこかで足りなくのはものの常、 ではあるのかも知れませんが、 神様がいなくなったら困ります。 何かよくないことが起き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日和

何かをするのに適した日のことを 〇〇日和といったりします。 洗濯日和、散歩日和など、 主に天候に対して使われることが多いですね。 これからのシーズンは、 運動会日和や行楽日和などがあります。 大雪が降って、「今日は雪合戦日和だ」とは 言わないことを考えると〇〇日和とは、 つまりは「とてもよく晴れている」「いい天気」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月見

平安時代、月見は詩歌や管絃を楽しみつつ酒を酌む、 といった雅味な催しで庶民とは縁のないものだったそうです。 庶民は、詩も読まず、歌も歌わず、管弦もやらなかった かもしれませんが、月を見ることはしていたでしょう。 日本の月見の風習は縄文時代には、すでにあったようですが、 それ以前のことはよくわかっていないとのこと。 人間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

占い

いわゆる西洋占術の「星座占い」の歴史はとても古く、 紀元前2000年には、すでにメソポタミア(現在のイラクの一部)で 行なわれていたそうです。 毎朝テレビで目にする星占いを本気で信じている人が どの程度いるかはわかりませんが、 昔々の人にとって占いとは、生きていくための指針として とても重要なものだったそうですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝て、待つ秋

7月27日は、フィンランドでは「お寝坊さんの日」といって、 家で一番遅くまで寝ていた人を水に投げ込んで起こす日、 なんだそうです。 なんとも過激な起こし方ですが、これだけ暑いと なかなか寝てもいられません。 むしろ寝苦しくって睡眠不足が心配、 そんな人の方が多いんじゃないでしょうか。 せっかく寝ているんだから、水に投げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

別にバースディやクリスマスでなくても、 プレゼントやカードを贈っても構わないのだろうけど、 そういう日があったほうが、 積極的に行動しやすいことはあるでしょうね。 本日6月1日は、電波の日であり、気象記念日であり、 バッジの日であり、 写真の日であり、チーズの日であり、 牛乳の日であり、麦茶の日であり、氷の日であり、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンウィークに

「ゴールデンウィーク」というのは もともと映画業界の言葉だったそうです。 この時期に映画を観よう、いっぱい観てね、と。 別にこの時期じゃなくたって、いつだって、 観たいときに観ればいいのだけれど。 でも昔から、ゴールデンウィークとお正月は 映画を観るとき。いつもでも観れるけど、 いつも以上に気合を入れて観る、 という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大豆

大豆を原料とする食材には、味噌、豆腐 、豆乳 、 油揚げ 、厚揚げ 、がんもどき 、揚げ出し豆腐 、 高野豆腐 などなどがあって、 これらは私たち日本人の食生活に欠かせません。 その効能は、抗酸化、コレステロール、中性脂肪の降下、 血圧を下げる、腸の善玉菌を増やす、など。 大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと似た作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鬼のいる場所

鬼は元々どこにいるのだろう? 豆をまき、鬼は外と、鬼を追い払おうというとき、 鬼は外にいて、そこから内に入って来なさんなよ、 というケースと、内にいる鬼を外に出そうというケースが あるのだろう。つまり鬼はどこにでもいる。 鬼がいるのは鬼ヶ島だけじゃない。 家の外にも内にも、日本にも海外にも鬼はいる。 お釈迦さまは、神様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご和算にはしないよ

1月9日は今年初ののび倶楽部、のび始めです。 そこでお渡しする「のびだより新年号」の 挨拶文を書いていて思いました。 「気持ちを新たに、新年を迎えられたことと存じます」 という定番の文章がありますでしょ。 「気持ちを新たに」という言葉を、 「ふんどしを締めなおして」的に用いるのは全く構わない。 どこかで区切りをつけるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状

日本においての年賀状の始まりは 奈良時代頃からだそうです。 貴族や武家社会から始まって庶民にも 広まったとのこと。 その意味は、もちろん挨拶であったり礼儀であったり。 これは言ってみれば、身を守る本能的なものですね。 動物も動物同士の挨拶があり礼儀があります。 我が家の犬も挨拶をします。 「こんにちは」とは言いません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後少し

カレンダーをもらったり、 手帳を買ったり、 クリスマスツリーやリースを飾ったり、 お正月のお飾りを買ったり、 お正月休みの予定を確認し合ったり、 年賀状をどうしようか、 クリスマスケーキをどうしようか、 おせち料理をどうしようかと考えたり、 今年もそんな時期になりました。 これら諸々のことをやらなかったら、 歳が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飾る

サンクスギビングも終わって、 これからいろいろと飾りが増えます。 クリスマスツリーとか、お正月のお飾りとか、 酉の市の熊手とか。 これらの飾りは神事にまつわるものが多いですね。 それ自体を目的としたクリスマスツリーの ようなものもあれば、神様を呼んだり、 祀ったりするついでに自分も達も楽しんじゃおう 的なものもあるん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな行事

南極観測船内では、 毎週金曜日の昼(夜だったかも)はカレーと 決まっていて、これは曜日の感覚を失わないために そうしているんだそうです。 以前に冬の間だけ勤めていたスキー場内のホテル。 やはり日曜日の昼はカレーでした。 標高1800メートル、雲の上に位置する このホテルは、娑婆?から隔離されたような ところではありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬老の未来

敬老の日は昭和23年から。 兵庫県にあった村の門脇正夫村長と山元助役が 「年寄りの知恵を借りて、村づくりをしよう」 と敬老会を開いていたのが始まりとのこと。 輸入物の母の日などと違って、 純日本産のこの「敬老の日」。 他国にはないんだそうです。 昭和23年といえば、 今よりも高齢者が大分少なかった時代ですから、 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

記念日

8月9日は、野球の日であり、 はりきゅうの日であり、薬草の日であり、 パクチーの日でもあるそうです。 これらは全て「8、9」の語呂合わせ、 つまりこじつけです。 もちろん、こじつけが悪いと言っているのではなく、 こじつけることで、そのことを思い出し、 再認識できるのではあれば、 こじつけ大いに結構ですね。 とくに鍼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼きなすを作りました

焼きナスを作りました。 インドから中国を経て、 日本に入ってきたナス、 その頃中国では観賞用だったんだとか。 日本においては、江戸時代には駿河(静岡)で 栽培が行われていて、 大名が正月に食べるのが儀式だったんだそうです。 夏野菜の代表格であるナスには、 体にこもった余分な熱を収める「清熱」や、 気を降ろす「降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう1度

仙台の今年の七夕祭りが もうすぐ終焉をむかえるようで。 七夕とはいっても、 個人でやることはこれといってなし。 クリスマスや、誕生日や、お正月や、節分などと違って、 何かを食べるわけでもない。 短冊に願いごとを書いて、ささの葉に飾るだけ。 しかし、この「お願いする」というのが 七夕の存在価値といえるでしょう。 みん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆こそが

ご先祖様を迎え、そして送るためにお盆の時期は、 仕事は休むのが慣わしでした。 しかし最近では、お正月と同様にお盆こそが書き入れ時、 と様相が大分変わっていきている商売もあって、 お盆に働くなんて「もってのほかだ」といった 明治、大正生まれの貴兄もいるようです。 おそらく、昔々、人々の生活において「お盆」は 今よりも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小市民的ドリーム

今日は海の日であり、 Tシャツの日であり、 ハンバーガーの日でもあるそうです。 Tシャツは毎日着ているし、 ハンバーガーも時々食べているけど 海には久しく行っていません。 去年の夏に歩いて江ノ島へ行ったのが最後です。 Tシャツで、海に行って、 ハンバーガー(別のものでもいいですが)を食べる、 なんて、できそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肉も魚も食っている

ああすればよかった、こうすればよかった、 と、いろいろと悔やまれるところはあるけれど、 負けは負けですね。みんな条件は同じです。 そこに結びつくであろう、ありとあらゆることをやる、 そのうちの一つが食事の管理。 ヨーロッパのチーム、選手がふだん口にするものは、 文字通りカロリーやら、栄養やらが管理された食事。 一方南米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むち打ちの日

本日6月7日は、6(む)ち打ちを7(な)おうそう、 「むち打ちを治そう」の日だそうです。 クリスマスは多くの子どもや大人ってにとって プレゼントがもらえる日です。 「毎日クリスマスだったらいいのに」 と思っている人もいるかもしれませんが、 そうもいきません。クリスマスは一年に一回です。 しかし「むちうちを治そうの日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おお~っ!

本日4月9日は、 奈良の大仏の開眼供養が行われたことにちなんで 大仏の日だそうです。 奈良の大仏に拝謁したとき、「おお~っ!」と、 そのデカさに圧倒されました。 大仏本殿に行く前に、運慶快慶の金剛力士像でも すでに「おお~っ!」となってました。 ときどき「おお~っ!」となるようなものを 見たり感じたりできるといい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神様に会おう

新しい年度が始まっています。 気になっていたカビがなくなってスッキリ。 年末に大掃除が行われるようになったのは、 いつのころからか? 大昔からの恒例です。 日本人にとって大掃除が 儀式ともいえるほどのものになっているのは これは神様を迎え入れるための 意味合いがあるからですね。 神様はどこから来るのか? 「雲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪

大雪ですね。 大雪とは、交通に支障が出るほどだと 大雪というんだそうです。 だから今回のは大雪。 前回のよりもさらに大雪ではないか。 NBCも本日はお休みです。 「バレンタインのチョコを渡せなくて残念」と お孫さんのいる会員の方からお電話をいただきました。 長靴を履いてちょっと外出しましたが、 歩くだけで足腰が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頼らなくても

今日くらいはさ、そんな腹を立てずに、誕生日なんだから。 さぁ、笑って笑って。 うーん、まぁ、仕方がないか。 と、抜きかけた矛を鞘に収める。 いつもなら腹を立ててしまうようなことでも、 誕生日だと、「ギリギリ、何とか」かもしれないけど、 それでも腹を立てないでいられる。 そういうことはあります。 スーッとそこを通り過ぎ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

別れる、会う

毎日会う人、 一週間に一度会う人、 一ヶ月に一度会う人、 一年に一度会う人、 ン十年に一度会う人、いろいろいます。 毎日会う人は明日になればまた会えます。 一週間に一度会う人は、一週間後にまた会えます。 一ヶ月に一度会う人は、一ヵ月後にまた会えます。 一年に一度会う人は、一年後にまた会えます。 ン十年に一度会う人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもらおう

暑さ寒さも彼岸まで。 いくら暑くても、いくら寒くても、それも彼岸までだよ、と。 「記録的な」をとても多く耳にした 2013年の夏は今しばらく続きますが、それも彼岸まで。 去年も、その前の年も、50年前も、100年前も、 多少のズレはあったかもしれませんが、 明けの彼岸の頃には季節は変わりました。 日の角度は低くなり、風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more