テーマ:養生

頭痛5

労倦、飲食の不摂生で脾胃に過剰な負担が掛かる、 もしくは病後や産後で気血の生成が悪くなる、 そのような理由で頭部を栄養できなくなると頭痛がおこる。 気は目に見えず、血は目に見える、 身体にとって、どちらもとても大切。 これなくしては生きられない。 つまり頭痛とは生命の危機を知らせる重要なもの。 気血両虚による頭痛は今日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭痛4

情志が失調し肝鬱となり、 そのため肝火が生じ上炎すると頭痛が起る。 また肝火により肝陰を損傷し腎陰不足を誘発、 肝腎陰虚となり、肝陽が上亢すると頭痛が起る。 肝鬱とは、この場合、現代西洋医学の鬱と捉えられます。 また鬱には、巡りが悪いといった意味もあります。 つまりイライラするような状況が続くと頭痛になるよ、 とそうい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭痛3

腎精が不足し、脳髄が空虚になると頭痛となる。 何故、腎精が不足するのか? 先天の精である腎は、 老化という避けることのできない現象によって、 徐々に枯渇していくものではあります。 しかし、歳を取ることで誰もが頭痛になるわけではないですね。 頭痛が起るような病的な腎精の不足は、 ストレスによって起ります。 ストレスが頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手袋がほしくなったら

寒暖の差が激しいですね。 早朝に限って、手袋がほしいと思ったくらい。 手袋が欲しいのは生命を守るための本能、 恒常性維持機能を継続させようとする、 生まれながらに持っている本能です。 手袋が欲しいときは、 本能の命じるままに手袋をするのがいい。 少々の寒さは耐えてやり過ごすことはできますが、 ガマンにも限界があって、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れているとき

ある心理学の学者によれば、 人は疲れているとき、 自分を他人と比べるんだそうです。 この場合、自分の子供や 自分が正しいと思うものや好きなものも 「自分」に入ります。 疲れていなければ、 自分はわが道を行くだけ、 自分の子供を他人の子供と比べない、 自分が正しいと思うものがあれば、 それをやることに一生懸命で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野菜の日

疲れる、疲れる。 なんでこんなに疲れるんだろう。 疲れる理由はいろいろとある。 それが歳のせいだと思っていて、 事実、歳のせいのこともあるだろうが、 そればかりでもない。 単に肉体が歳を、一年に一つ、歳を取るだけでなく 歳を取れば、それなりに気苦労も多い。 気を使い、気が苦労して、そして疲れる。 早めに疲れが取れれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のど元を通過させる

過ぎた日々は帰らない。 あんなにたっぷりとあったはずの夏休みも 気がつけば残りわずか。 宿題の提出日ももうすぐ。何とかしないとね。 予防が大事ということを表すのに、 「病気になってから手を打つのでは、 のどが乾いてから井戸を掘るようなものであり、 敵が近づいてから武器を作るようなものだ」 と言われたりします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仰向けの金魚2

金魚にはあまりエサを与えなくていい。 金魚は1ヶ月くらい何も食べないでも生きていられる。 むしろ食べ過ぎで体調を崩し、 それが原因で死んでしまうこともある。 といった話を聞いたことがありました。 エサは一日一回与えていましたが、 昨日は忘れていました。 仰向けになった金魚。 暑さでやられてしまったのか、 空腹のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりの養生3

最も多くお年寄りが亡くなる季節が秋だそうです。 過酷な夏を乗り越えて、ホッとしたと思ったらポックリ、 ということでしょうか? まぁ、死なないまでも体調が優れない人は多い。 「未病」とは、早めの手当てが大切、 との考えから生まれた言葉です。 未病治とは、今だ病まざるを治すということ。 病気なってから治療するのでは、 喉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりの養生2

中府というツボ。 肺経に所属しながら(肺は上焦の臓腑)、 中焦をも治すためにこのような名前が付いています。 場所は乳首の斜め上の外側指4本分ところ。 中府の「府」は大切なものが集まるところ、を表しています。 この時期の養生穴は、もちろん中府だけではありません。 お馴染みの、合谷は肺経と表裏関係にある大腸経に所属し、 さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の終わりの養生

長夏は湿邪、秋は燥邪の季節です。 中医学では、五行に則って、一年を五季としています。 春、夏、長夏、秋、冬、の五つ。 まだしばらくは残暑厳しい日が続くでしょうが、 暑さのピークは超えたようです。 今が長夏から秋へと移り変わる時期。 湿邪から燥邪へとバトンが渡される時期です。 湿邪や燥邪によって、脾や肺がダメージを受けま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れと休養の関係

もうじきお盆。今年も民族大移動が始まります。 お盆には、ご先祖様が帰ってくる、 だからその時期に合わせて帰省する、 みんな本当に真面目です。 そのタイミングでないとご先祖様に会えないからではなくて、 そのときにしか休みがとれないから、 というのが本当のところかもしれませんけどね。 最近では、少しずらして休みをとる人も多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相応

いろいろなことが一気に片付いてしまえば いいのだけれど。そんなものはごくわずか。 体を柔らかくしようと朝から晩までストレッチを やったからって、1日1時間のところを 1日10時間やったからって、 10倍の早さで体が柔らかくなるわけでもない。 筋トレの効果を上げるためには、 それと同じだけの休養が必要。 つまり相応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体内の陰を蓄える

陰虚証だと脱水症や熱中症になりやすく、 脱水症・熱中症になった人には陰虚証の人が多い。 陰虚とは、慢性的に体内の陰が少ない状態のこと。 陰の代表格でもある水が少なければ 脱水症や熱中症を起こしやすいのは、 当たり前といえば当たり前です。 その他脱水症・熱中症を起こす大きな理由に 睡眠不足があります。睡眠は、陰陽でいえば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体内の水分をシャッフル

体内の水分が足りない慢性状態を陰虚証といいます。 脱水症ほど急性の症状を呈すものではないですが 脱水症になりやすい大きな理由一つが陰虚証だったりします。 ですから脱水症予防のために水分を補給することは、 もちろん大切ですが、 陰虚証に目を向けることもとても大切です。 体内の余分な水分のことを湿といいます。 湿のある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腎精

肝気、心気、脾気、肺気、腎気、 五臓にはそれぞれの気が宿ります。 しかし「精」を付けるのは腎だけ、 なぜ、腎精というのでしょう? 体内のエネルギーは三種、気・血・津液の三種。 精とは、これらの源です。 これから気に、血に、津液にと、 姿を変えていこうとする前の物質、 まだ気でもなく、血でもなく、津液でもないもの、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守ってあげたい

スパズムとは筋肉の異常な緊張のことで 防衛本能の一つです。 筋肉が何かしらのストレスを受ける。 ストレスを受けた筋肉が その部分の組織を守ろうとして収縮し硬くなる。 硬くなった筋肉によって痛覚が強く反応することで 痛みがひどくなる。ひどくなった痛みによって 筋肉がさらに収縮する。 このようにして痛みの悪循環が作られま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭痛

頭痛についてのテレビ番組。 しょっちゅうやっています。 頭痛に悩む人たちが興味深く観るのでしょう。 二大頭痛と呼ばれるのが緊張型頭痛と片頭痛ですが、 これ以外のものもあります。 その頭痛の原因は、実は褐色細胞腫だった、 という話を訊いて、褐色細胞腫について今一度おさらい。 褐色細胞腫は、副腎髄質あるいは脊髄に沿った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひのき

ひのきの香りを嗅ぐと、その効能として、 疲労回復、精神安定、消炎効果、血圧安定、 アトピー効果、保湿効果、運動能力向上、  などがあるとのこと。 香りだけでこんなにいろいろあるんだったら、 そのお風呂、つまり「ひのき風呂」のパワーは 相当なものだと思いますが、 ひのきのお風呂にはいる機会はあまりありません。 うちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活躍の場

疫病にお経が効くわけがない。 いくら加持祈祷をしたって、 いくら南無阿弥陀仏を唱えたってむり。 疫病に効くのは薬。 心を落ち着けるために 南無阿弥陀仏を唱えるのはいいこと。 でも出しゃばるのはよくない。 南無阿弥陀仏を唱えても疫病は治らない。 南無阿弥陀仏の活躍の場はそこじゃない。 コロリが流行って南無阿弥陀仏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休み明け2

多く、休み明けに好記録が出ます。 それまでよりも速く走れたり、高く跳べたり、 重いものが持ち上がったり、 美しい演技ができたり。 トレーニングで体を作り、 休んでいる間にその体にエネルギーが蓄えられ、 そして休み明けにエネルギーが発射される。 十分な休みが与えられていないと、 体は勝手に(意図するしないに関わらず)休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像力4

湿布を出しておきますから、それで様子をみましょう。 湿布とは、塗布消炎鎮痛剤。 薬効成分のある布を貼る、クリームやジェルを塗るなどして、、 炎症を消したり、痛みを鎮めたりするもの。 炎症を消すわけだから、湿布は患部を冷やすものだ。 さらには使い続ければ、 その成分は体全体に行き渡り、体全体を冷やす。 だから冷やした方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休み明け

おかげ様で、たまに「調子がいい」 と感じることがあります。 ふだんは「調子は悪くない」、または「いつもと同じ」。 もちろん「悪い」、「疲れが溜まっている」 そんなときもあります。 「調子がいい」と感じるのはたいてい休み明けです。 柔軟性が高まっているのも休み明け。 この歳になっても「今日は体が柔らかい」と 感じること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓄勁、発勁2

袖があるなら、それを振ることもできるし、 振らないこともできます。 表情を表に出すためにはエネルギーが要ります。 怒りなら怒りのエネルギー、 笑いなら笑いのエネルギー、 悲しみなら悲しみのエネルギーが。 エネルギーがありさえすれば、 それを表に出すもよし、出さぬもよし。 自分次第です。 出さないほうがいいシュチエー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蓄勁、発勁

心の内は表情に表れます。 程度の差こそあれ、 心の内は表情となって表れます。 これは意思を伝えるために、 昔々から人に備わっているものです。 表情豊かな人は活き活きとした印象を与えますね。 動物などは人間ほど豊かな 顔面による表情を持っていません。 ですから例えば犬などは、尻尾によって 感情を表します。 人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あしたのために2

自分よりも大変な思いをしている人のことを思うと 弱音は吐けない、とこれまでがんばってきたが、 無理は永遠には続かない。 ここに来て、被災した人たちの体調が悪化している。 ウェイトトレーニングをしてはいけない と言われる理由の一つに 筋肉が硬くなるから、というのがあります。 確かにウェイトトレーニング(筋トレ)を行ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院、退院

退院して元気になる人がいます。 元気になったから退院するのではなくて、 退院して元気になる。 「オレは退院して病気が治った」と。 本人の強い要望により、 当初予定されていた入院日数を短縮して、 繰上げ退院をした。 入院中ずーっと調子が悪かったけど、 家に帰って来たら良くなった、元の調子に戻った。 この人にとって入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰が3

何でそうなってしまったのか、 原因はどこにあるのか?を考えて、 確かに思い当たることがないわけではない。 でも同じようなことをしている人は、 他にもいるし、どうして自分なんだ、 神様はなぜ自分を選んだんだ、不公平だ と納得がいかない。 まぁ、いくら考え、いくら嘆いても、 それは神様が決めることなので わらないのだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声の出どころ2

午後になると声が出なくなるという患者さん。 医者からカラオケ禁止令が出たそうです。 確かに、使い過ぎたものに休みは必要です。 だから、そんなときに声を酷使するようなことは 禁物です。 しかし、弱いものを強くするためには ある程度の刺激も、これまた必要です。 筋肉の弱い人が、筋肉を傷めてしまうからと 筋トレをやらなけら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

声の出どころ

「午後になると声が出なくなるんです」 と笑顔で話す患者さん。 あまり深刻ではなさそうです。 確かにこの方の主訴は声が出なくなる ことではないのですが。 声が出なくなる症状を「嗄声」といいます。 この病に対して考えられる代表的なツボは人迎。 理由は、発声に関わる反回神経上に位置するため。 この選穴はどちらかというと西洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more