テーマ:

銀杏

食べ過ぎてはいけないが、 ないとさみしいのが銀杏。 旬のものを食べようと、 それが体にいいよと昔からいわれます。 みずみずしいものが潤いを、 活き活きしたものが生命力を与えます。 茶碗蒸しに銀杏が入っていなかったらとてもさみしい。 その茶碗蒸しの魅力は半減。 やっぱり茶碗蒸しには銀杏が入っていないと。 2個入ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗きんとんを食べるのはお正月と思いきや、 9月9日は「栗きんとんの日」だそうです。 栗を調べると、「気血の補強に欠かせない食べ物」とあります。 養胃健脾、補腎強筋、活血止血、と。 (消化がよくないので食べ過ぎに注意ともあります) 常食するものでもないですが、 それでも以前は、駅の売店で天津甘栗が売っていて、 父が時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋2015

「えっ、立秋?もう?秋?」なんてことを 毎年口にしています。 もちろん、この言葉には「こんなに暑いのに」 といった意味が込められています。 「こんなに暑いのに秋というのはおかしいんじゃないか」と。 秋とは涼しいものだ、という思い込みがあるから、 このような言葉が発せられるわけですね。 確かに秋(立秋から立冬まで)の平均…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じっくりの前に

収穫の秋。 成・長・化・収・蔵の「収」の季節が秋。 春夏と成長し穫ることができる段階があって 収めることできます。 収めたものは、次は蔵へいきます。 蔵でじっくりねかせ、そしてエネルギーをたくわえる。 じっくりの「じ」は、じっとしているの「じ」でもありますが、 もちろん死んでいるのではありません。 来るべき時のために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストーブを出した家庭もあるようで。 その方曰く「朝は凍えそう」とのこと。 「凍」える、という字、なんで東なんだろう? 寒いのは北なのに。 東には「つらぬく」の意味があって、 転じて「はしからはしまで」「全部」「すっかり」を 表すんだそうです。 はしからはしまで、すみからすみまで、ぜ~んぶ、 すっかりとこおっている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薄暗い朝

早く目が覚めたので、薄暗い中、 朝の散歩にいつもより早く出発、寒い。 もう一枚着るべきだったか。 吐く息はまだ白くはないけれど、 手が冷たい。手袋欲しいくらい。 歩いても体はなかなか温まらない。 昼間との寒暖の差が激しい。 イチョウの木は色が変わり始めていて、 ぎんなんの臭い香り。 金木犀はもう匂わない。 栗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕やけ

星は冬がきれいですが、 夕やけは冬よりも夏の方がきれいなんだそうです。 冬に星がきれいなのは空気が澄んでいるから。 同じ理由で、夕やけも冬がきれいなのかな、 と思いきや調べたところ、 夕やけは大気中の水分量が多い方がきれい、 つまり、夕やけは夏がきれいということ。 それはわかりましたが、 がしかし、どうも夕日というと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あきざくら

コスモスが咲いています。 秋の桜と書いてコスモスですが、 コスモスの正式名称は「オオハルシャギク」ですから、 本当はコスモスはキク、キク科の植物ですね。 ちなみに桜はバラ科だそうです。 桜に比べると地味なコスモスですが、 秋の季節にピッタリの花だと思います。 ♪薄紅のコスモスが秋の日の、 何気ない陽だまりに揺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋ナス

「秋ナスは嫁に食わすな」とは、 別に嫁をいじめているわけではなく、 ナスは体を冷やす性質があるからです。 秋になって気温が下がったところで、 さらに体を冷やすナスを食べるとよくないよ、 ということですね。 とくに妊婦やこれから妊娠を望まれている人は、 秋ナスに限らず、です。 そうじゃない人にとってナスは、 コレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬老の未来

敬老の日は昭和23年から。 兵庫県にあった村の門脇正夫村長と山元助役が 「年寄りの知恵を借りて、村づくりをしよう」 と敬老会を開いていたのが始まりとのこと。 輸入物の母の日などと違って、 純日本産のこの「敬老の日」。 他国にはないんだそうです。 昭和23年といえば、 今よりも高齢者が大分少なかった時代ですから、 お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いもの話3

なんでもいいから、ということであれば じゃがいもにまつわる思い出って、 結構誰にでもあるんじゃあないでしょうか。 あのとき、あそこで食べた、 あのじゃがいもは格別に美味しかった。 といった思い出話もなくはないですが、 自分にとってのじゃがいも思い出話のナンバーワンは、 「馬鈴薯の荷下ろし」ですね。 学生の頃に青果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いもの話

さつまいも、じゃがいも、さといも、やまいも。 昔と違って、今は一年中食べられますが、 旬はどれも秋冬です。 つまりこれからはいもの季節。 まずはさつまいも。 南米ペルーが原産で、日本では 中国の福建省を経て1698年に鹿児島に伝来、 江戸時代から栽培が始まりました。 お酒も好きで甘い物も好きな人のことを 両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今はもう秋だけど

♪今はもう秋、誰もいない海 江の島辺りだと、秋だろうが冬だろうが 誰もいないなんてことはありません。 むしろ、こう涼しいと海に行きたくなります。 ご年配の女性のお話。 子どものころ喘息だった彼女、 海に行くことを勧められ、 毎週末欠かさず海に行ったんだそうです。 するとわずか一年で喘息が治ったとのこと。 症状が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペチュニア終わり

一夏、玄関先でがんばってくれた ペチュニアの花がお役御免です。 6月に植えた直後に集中豪雨にやられまして。 その後も立て続けに、雨風の猛威にさらされまして。 そのせいか、根元の葉が枯れて、 ずーっとそのまま。 花はなんとか咲いてくれてはいましたが、 あまり元気がない。 一応、いろいろと育て方を調べて、 その通りにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立秋に

立秋だそうです。とっても暑いですけどね。 でも、赤とんぼが飛んでいたり、 夜は秋の虫が鳴き始めていたりと、 夏の終わりはまだまだでしょうけど、 小さい秋は始まっています。 季節は確実に巡ります。 スーパーでは梨が並び始めました。 梨は陰虚を解消するための代表的な食べ物です。 陰虚体質の人は、 水分を取っていても…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナツアカネ

小さい秋は、 暑さ真っ盛りのときに見つかります。 今朝、赤とんぼの群れを見ました。 赤とんぼ、別名をアキアカネ。 まだ赤身が増していない夏の時期のそれを ナツアカネといいます。 茜(あかね)色のアカネです。 「♪小さい秋」という歌のメロディは 少し物悲しげでとても秋っぽい感じがありますが、 秋が小さいときは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンジーよ

今年もパンジーの苗を植えました。 去年はとくに何をせずとも、 きれいに花を咲かせてくれました。 ほんと、必要なもの(鉢やら土やら石やら)を買ってきて ただ植えただけです。 もう少しやることはないのかな?と調べたら、 枝やら、茎やら、咲き終わった花やらを とにかくバシバシ切れと。 とくに根が張るまでの間は見てくれを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンセットで

やっと、ちゃんと秋になった感じがします。 こころは既にゲレンデに、 そんなスキーヤーもいるかもしれないし、 運動会に備えて、 体力強化を図っているお父さんもいるかもしれない。 美味しい秋の料理を作ってやろうと もくろんでいるお母さんもいるでしょうし、 マラソン大会で 自己ベストを虎視眈々とねらっているランナーもいるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の夜長に

どうもいい答えが見つからないときは 一旦棚上げしておいて別の仕事をする。 別の仕事をしている間に、 グドゥアイディアが閃く。   ☆人間が一度に解決できる問題は一つじゃない。   だからハタから見て忙しそうに見える人でも、   本人にしてみれば、   結構時間があったりするんだそうです。   一人に与えられた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グリーンタイカレー鍋

扇風機を片付けて、 今年も鍋の季節となって参りました。 最近は本当に いろいろな種類の鍋料理があります(見かけます)。 豆乳鍋を初めて食べたのは いつのことだったか? 今や古顔の仲間入りといった感じがします。 グリーンタイカレー鍋なるものを食べました。 市販のものです。 名前はグリーンタイカレー鍋ですが、 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋と梨

「9月いっぱいは夏だ」 と気象予報士の人が言っていました。 温暖化が進んでいる今日、 昔とは違うのでしょうが、やっぱりもう秋だと思う。 晩夏ではなくて初秋。 朝の散歩は短パンじゃ少し寒いね。 食欲の初秋。 一年中、食欲が無くなるなんてことはないのだけれど、 いつもにも増して、食欲旺盛となるのが秋。 馬肥ゆる秋は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潤い

風・暑・湿・燥・寒。 風も、暑も、湿も、燥も、寒も、必要なものです。 しかし過度のそれは「五邪」となります。邪悪の邪。 秋の邪は「燥邪」。 夏に多かった「湿」が影をひそめ、 空気が乾燥してきます。 カラッとした気候は気持ちのいいものですが、 人によっては肌がカサカサしてきたり、 ノドの調子が悪くなったりしてき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑い暑い小さい秋

まだまだ、しばらくは暑い日が続くのでしょうが、 ちょっとだけ次の季節を感じます。 トンボが飛んでるし、日が少し短くなったし。 世界陸上も終わっちゃったしね。 ゲーム性のない陸上競技というのは 夜中にボケーッとみるのに最適です。 眠くなったら寝ちゃいます。 「気合入れて」の人ももちろんいるでしょうし、 「興奮して眠れな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燥邪

体に悪さをする六つの邪。 風邪、寒邪、暑邪、湿邪、燥邪、火邪。 風にしても、寒にしても、暑にしても、燥にしても、火にしても、 どれも適度であれば有り難いものですが、 過ぎればそれは外邪となって体に悪さをします。 これからの季節、いや、もうすでに、 「燥邪」が暴れはじめています。 燥邪にやられると、 陰液(水分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個展

本日のNCは、大きな部屋でやりました。 小さな部屋でやるときよりも、 運動量が少し増えて、いい気持ちです。 みなさん、明日は筋肉痛かも知れません。 一汗かいて帰ろうとしたところ、 別の部屋に絵が展示してあるのを見つけました。 ちょっと外から覗いていたら、 「どうぞ」と言われたので、 「じゃ」と、おじゃましました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

じっくりコトコト

11月という月に、 昔からの伝統行事があるかといえば、 あるのでしょうけど、あまり知らない。 これぞ、といったものを聞かない。 ハロウィンは終わったし、サンタさんはまだ来ない。 アメリカでは11月はサンクスギビングデーの月で、 最終木曜日は、 収穫を祝って七面鳥を食べる「七面鳥の日」だそうですが、 日本で七面鳥を食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LSD

ときどき、犬といっしょに全力疾走します、 横へのステップなども混ぜて。 20~30mくらい、超短距離。 芝の上じゃなかったら、 腰や膝を痛めているかもしれません。 全力疾走は週に1回くらい、 普通の速度で歩くことは毎日、やっていますが、 その中間のジョギングは、最近全くやっていません。 今、ジョギングをやろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金木犀の香り

金木犀の香りがしています。 季節の良さと相まって、 金木犀の香りは、「本当にいい香りだなぁ」と こころ和みます。 姿は見えずとも漂うその香りはかなり強いものですね。 こんなに存在感のある香りを発する花を 他にあまり知りません。 その香りの強さゆえ、汲み取り式が主流だった時代に トイレの近くに植えられたんだそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全な秋

「誰もいない海」という歌では、 秋になると海から誰もいなくなるようですが、 江ノ島辺りでは、 いつであろうが誰もいないなんてことはありません。 海の家がなくなろうが、 秋だろうが、 冬だろうが、 春だろうが、 結構な人出です。 正月からサーフィンやってるし。 では、夏の終わりでも小さい秋でもない、完全な秋とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい日よ

8月が終わります。 8月が終れば夏も終わるとかというと、 そうでもなさそうで、こちらはしばらく続きそうです。 とにかく暑いなぁ。 今夜は満月だけど、 名月を愛でるという感じではないですね、ムシムシ。 夜は秋の虫が鳴いているし、 市営プールの営業は今日までらしいし、 ウロコ雲出てたし、 日が短くなったし、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more